9月28日 その2593『逢坂誠二の徒然日記』(4288)

掲載日:2014.09.28



昨日午前11時53分、

長野県と岐阜県に跨る御嶽山が噴火した。



秋の行楽日和で、数多くの登山客がいたという。



====



情報は錯綜している印象だが、

少なくとも16人の登山者が意識不明。



重傷者は30名以上、死亡者がいるとの情報も。



いくつかの山小屋には

下山できなかった数十名が留まっているらしい。



行方不明者がいるとの情報もある。



====



今回の噴火で

明らかになったことがいくつかある。





火山噴火について、

実効性のある予知が必ずしも出来ていない





気象庁の発表は、現実的、実践的には思われない



噴火直後は、マスコミは機能せず、

TwitterやYouTubeなどによって多くの情報が得られたこと



====



9月10日頃から、

御嶽山周辺で火山性微動があったらしい。



ところがこの微動などは科学的観点からは、

噴火の可能性があるとの兆候ではなかったらしい。



しかし結果的に、激しい噴火が発生した。



すなわち人の命を守ったりできる程度の予知には、

少なくとも今回の件は至っていないことを証明している。



話は飛ぶが、こんな現実の中で、

九州の川内原発の再稼働に関し、

噴火は予知できるとしていることが、

如何に根拠の薄弱なものであるかが分かる。



仮に噴火の一月前に予知できたとしても、

原発の場合、

原子炉の冷温停止はできるだろうが、

使用済み核燃料を退避させることはできない。



これでは実効性のある予知とは言えないだろう。



====



昨日の噴火後の気象庁の記者会見は、

極めて頼りない非現実的との印象を受けた。



ネット上では、いくつかの写真や映像が流れ、

御嶽山では、大混乱状態になっている。



ところが気象庁の発表は、非常に緩慢で、

実用上はあまり役にたたない情報との印象を受ける。



噴火警戒レベルを3に引き上げたとの発表も、

多くの国民の皆さんには、

どの程度の緊迫度合なのかは分からない。



さらに気象庁は、

大規模噴火には至らないとの情報を発しているが、

これほど多くの人の命が危機に晒されている現状では、

何か違和感のある発表だ。



====



噴火から2,3時間程度の間、

マスコミからの情報がほとんど無かった。



反面、ネット上では、噴火に関する情報が流れた。



噴火の初期段階での機動性は、

ネットに叶わないことが、

今回も明らかになっている。



逆に大手マスコミが、

Twitterで情報提供の呼びかけも行っていた。



機動性の違いは明らかなことではあるが、

多くの人がマスコミ情報に頼っている現実を思うと、

この機動性のギャップをどう埋めるかが、

マスコミの課題となっている。



====



今日夜明けとともに、救助活動などが再開され、

御嶽山の実態が明らかになるものと思う。



とにかく被害がこれ以上拡大しないことを祈るのみだ。







今日は函館ハーフマラソンなど、

市内ではたくさんのイベントが予定されている。



私も講演などもあり、今日も市内を走り回る。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・9・28

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください