10月2日 その2597『逢坂誠二の徒然日記』(4292)

掲載日:2014.10.02



昨日、ニセコ町町名改正50周年記念式に出席し、

今日はニセコで朝を迎えた。



久々のニセコだ。







1964年秋、私は公認グランドで、セスナ機に向かって小旗を振っていた。町
名改正を祝う、人文字の一員だ。あれから50年。町名「ニセコ」の歴史は、も
の心ついた私の人生の歴史に重なる。



狩太から「ニセコ」への町名改正は、高度経済成長に向かう中、観光にも力を入
れ、「地域理念を再構築する」という全国でも極めて意識の高い、将来を見通し
た、しかもさきがけ的取り組みだ。



当時、幼稚園に通う私は、どこに行っても「ニセコ生まれ」を口にした。スキー
場やホテルができる。急行「ニセコ」が運行される。どれもこれもワクワクする
心躍る出来事だ。



地域づくりの胆の一つは、自分の住んでいる地域のことを、虚勢ではなく、真に
誇りに思うことができるかどうかだ。私は町長時代、情報共有、住民参加を基本
としながら、「住むことが誇り思える」にこだわった町づくりを進めた。地域を
良くしたい願う住民自身が、自分の住んでいる地域を誇れなければ地域は良くな
らない。ニセコという町名は「誇り」の醸成に大きく寄与している。



町名改正を断行した先達に心から感謝している。







今日は午前の内に帰函し、

午後から函館市内で活動だ。



そうそう冬に備え、

水道を落とさねばならない。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・10・2

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 10月2日 その2597『逢坂誠二の徒然日記』(4292)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください