10月4日 その2599『逢坂誠二の徒然日記』(4294)

掲載日:2014.10.04



函館は雲の多い朝だ。



昨日は、長万部、八雲、森、鹿部、

七飯、函館の各自治体を回り、

首長さんらと懇談させて頂いた。



丁寧に対応頂いた皆さんに、心から感謝している。







1)逆行

沖縄、九州の各電力に引き続き、

北海道、東北、四国の電力3社は、

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)

に基づく太陽光発電などの電力の新規受け入れを、

10月1日から当面中断すると発表した。



中断の理由は、

計画中の太陽光発電事業をすべて受け入れると

管内の電力需要を上回り、

電力供給が不安定になることで

停電などのトラブルを引き起こす可能性があるため。



====



今の政権も、

原発依存度を可能な限り低減させることや、

再生可能エネルギーの積極的推進を掲げている。



しかし、今回の電力各社の措置は、

こうした方向に沿うものとは思われない。



3.11事故以降、原発依存から如何に脱却するか、

それが我が国の大きな課題となった。



国民の多くの皆さんも

原発依存の低減を望んでいる。



諸外国でも、持続可能な社会を構築するために、

再生可能エネルギーへの期待が高まっている。



そうした中、日本でも一昨年から、

再生可能エネルギーを普及させるため

固定価格買い取り制度がスタートした。



このルールに基づいて、

多くの民間事業者の皆さんが経産省の認定を受け、、

各電力会社からの買取を待っている状態だ。



こうした中で、

事前アナウンスもない中で、

急に買取を一時中断するという。



こんなことをすれば、事業者の皆さんは大混乱だ。



この根底にあるのは、

再生可能エネルギーを推進する政権の本気度の欠如だろう。



本当に原子力依存度を低減したいというならば、

再稼働に固執することではなく、

再生可能エネルギー普及の条件整備に最大限の力を注ぐことだ。



今回の措置は、世の中に流れに逆行し、

再生可能エネルギー導入の勢いを削ぐものだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・10・4

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください