10月11日 その2606『逢坂誠二の徒然日記』(4301)

掲載日:2014.10.11



リスボンの朝は、今日も暗い。



海外にいるときも基本的に、

朝4時起きの生活をしているが、

リスボンでは朝というよりは、夜中の雰囲気だ。



朝の散歩は、治安の状態が良く分からないため、

なるべく明るく、人の多そうなところを歩いているが、

立ち飲みバーなどで、まだ呑んでいる方も多い。







1)特定秘密保護法

自公両党は、

特定秘密保護法の運用基準案と、

法施行日12月10日と定める施行令案を了承した。



これを受け、政府は14日にも閣議決定するという。



====



しかし与党内部からは、





政府による情報隠しを防ぎきれない





政府に恣意的な判断をさせないための運用基準なのに、

あいまいなことしか書いてない





公務員が情報隠しの目的で秘密指定した場合の

罰則を明確にすべきだ



など意見もあり、

さまざまな懸案を積み残したままの

見切り発車となっている。



====



民主主義の根幹に関わる情報の問題を、

主権者が圧倒的に不利で、

行政に都合の良い内容で、

決めてしまったことは、

日本の今後に大きな禍根を残す。



何としても与野党の勢力を逆転させて、

この法制度を根幹から見直さねばならない。







2)ノーベル平和賞

今年のノーベル平和賞は、

パキスタンの17歳、マララ・ユスフザイさんらに

贈られることとなった。



候補に挙がっていた



「憲法9条を保持してきた日本国民」



が選から漏れた。



====



北海道新聞の報道によれば、

このことに対し、

安倍政権からは安堵の声が漏れたという。



世界各地で悲惨な諍いが続く中、

戦争放棄をうたった9条の精神が国際的に評価されたことは、

喜ぶべきことであっても、憂慮すべきものでは断じてありえない。



こんな安倍政権の現状に、やり切れない思いだ。



====



平和賞になるように運動を進めてきた市民団体には、

ノーベル賞委員会から、

「憲法9条を保持してきた日本国民」を

来年も平和賞にエントリーする趣旨のメールが

届いているという。



安倍政権の暴走を止め、それに是正するめにも、

来年は何としても平和賞に輝きたいものだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・10・11

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください