10月12日 その2607『逢坂誠二の徒然日記』(4302)

掲載日:2014.10.12



ポルトガル入りして4日目だ。



異国に来ると、日本の現状について、

これまでの自分と違った視点で、

色々なものが見えてくる。







1)地震

ヨーロッパ時間の昨朝、日本で地震があった。



私の携帯には、リアルタイムで地震情報が入り、

早速、地元に被害の有無などを確認する。



幸い函館では、被害もなくホッと安堵した。



====



この地震発生時、

France24テレビを見ていた。



私の携帯に情報が届く時刻よりは遅れたが、

まさに速報的に震源地、マグニチュードなどが、

地図上に表示され報道された。



日本の地震に対して、これほど関心が高いとは。

正直なところ、ちょっと驚いた。







2)特定秘密保護法

改めて特定秘密保護法だ。



====



独立公文書管理監が新設される。



言葉では「独立」となっているが、

何からどう独立しているのか、全く曖昧だ。



以前から指摘しているが、日本では、

権力側の諸活動に関する「情報」と

「公文書」の関係が曖昧だ。



こんな状態で、

公文書管理監なる役職を持ち出したことに、

相当な違和感がある。



公文書にしなけば、行政の諸活動は永遠に、

かつ合法的に秘密なる懸念が消えない。



また、

「我が国の安全保障に著しい支障を及ぼす」ことを理由にすれば、

管理監への情報開示を拒否できる点も、極めて曖昧だ。



====



国会に設置される「情報監視審査会」も力不足だ。



常設の監視機関というが、

ここでも「我が国の安全保障に著しい支障を及ぼす恐れ」がある

と政府が判断すれば、提供を拒めるのだ。



言葉は「常設」だが、

常設を担保する機能がどう備わっているのかも、

はなはだ心もとない。



====



そして最大の問題は、

何が秘密に当たるのかが分からないことだ。



際限なく秘密の範囲が広がるのでは、

半永久的に秘密にされるのではないか、

こうした懸念は、一向に払拭されてはいない。



====



こんな法律に賛成し、

この施行を容認する国会議員は、

民主制度を知らないとしか言いようがない。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・10・12

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください