8月21日 その1488『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.08.21



函館の空は、薄い雲が広がっていますが、
明るく晴れた感じです。

朝の最低気温は18度程度。

20度を下回り肌寒さを感じます。

空と空気に秋を感じます。

昨日は、函館からせたな町を往復しましたが、
いたるところにススキの穂が見られました。



1)おおさか政治塾
昨日、函館での第1回「おおさか政治塾」を開催しました。

9名の多様な経歴を持つ塾生に参加頂きました。

====

テーマは、東京の初回と同じように、
私が政治を志す切っ掛けの話です。

塾生との意見交換も行いましたが、
やはり地元開催だと、
地域の課題に対する関心が高まります。

====

東京も函館も塾生が多過ぎず少な過ぎず、
ちょうど良い人数で、濃密な話ができます。

次回9月の塾のテーマは、民主主義です。



2)国政報告会
昨夜、せたな町で、
福原賢孝道議とともに、国政報告会を行っています。

土曜の夜、みんながゆっくりしたい時間ですが、
多くの方々に参加頂きました。

高橋町長、真柄議長にも参加頂き、
本当に有り難く思っています。

====

最初、福原道議から、
泊三号機に関する状況報告がありましたが、
知事のちぐはぐな対応に参加者からも、
疑問の雰囲気が感じられました。

その後、私から地元対応した幾つかの案件、
さらに郵政法案、子ども手当、高校授業料無償化、
農業戸別所得補償などについて状況報告を行っています。

さらに代表選挙の動向、
私の今後の政治活動に対する基本姿勢を話しました。

正直なところ、かたい話ではありしたが、
参加された方々には、
熱心にお聞きいただき、心から感謝しています。

会の冒頭、主催者から、
政権が国民の期待に応えていないと厳しい話がありましたが、
私の話を聞き、さらに「おおさか頑張れ」との声援を頂きました。

会の終了後、
ビールを酌み交わしながら1時間程度、
和気あいあいと意見交換をしましたが、
コミュニケーションの大切さを痛感しています。



今日は函館市内、森町で活動をします。

さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・8・21 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください