10月14日 その2609『逢坂誠二の徒然日記』(4304)

掲載日:2014.10.14



昨夜、遅くリスボンからパリに移動した。



今回の欧州訪問も、経費を抑えるため、

リスボン・パリ間は、直行便ではなく、

ヨーロッパの他都市を経由しての移動だ。



これによって移動時間は、3倍もかかってしまうが、

料金は正規の三分の一程度だ。



他都市を経由して、

たくさん飛行機に乗れば安くなる…、

飛行機料金の仕組みは良く分からない。



====



今回のフランスでは、

ラ・アーグの核燃料再処理施設を訪問する予定で、

関係機関と調整を進めていた。



最終的に先方との調整がつかず視察は断念せざるを得ない。



ラ・アーグの再処理施設は、青森県六ケ所村が、手本にしたものだ。



報道などでは、警備の厳重さなどは知っているが、

六ケ所と比較してどう違うのか、

それを自分の目で確かめたいと思ったのだが、

それが叶わず残念だ。



逆に在日フランス大使館から、

今日からパリで開催される

原子力業トレードショーへの参加を勧められた。



ラ・アーグの視察もこの見本市があるため、

調整が付かなかったのだ。



それほどフランス政府は、

この見本市に力を入れているということか。



そこで今日は、

大使館の勧めに従って、

原子力業界現状の一端に触れてきたいと思う。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・10・14

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください