10月22日 その2617『逢坂誠二の徒然日記』(4312)

掲載日:2014.10.22



昨日午後、無事に成田空港に到着した。



機内で、日本時間に合わせて活動し、

時差調整を強制的に行うよう心掛けたが、

結局は、今朝の目覚めは午前2時。



しばらくは時差ボケに悩まされそうだ。







1)国会

二人の閣僚が辞任した。



その問題は、しっかりとケジメを付けねばならない。



しかし、国会議論の大きな柱は、集団的自衛権の行使など、

今回の辞任とは全く別のところにある。



会期の短い国会だ。



今、議論しなければならない課題に全力を注いで欲しい。



今しか、チャンスはない。







2)地方創生

昨日、官邸で「国と地方の協議の場」が開催された。



総理は、



「地方創生は内閣の最重要課題だ。

 これまでとは異次元の施策に取り組んでいく」



と発言したようだ。



総理は「異次元」という言葉がお好きなようだが、

何が異次元なのか、その具体性はない。



====



地方6団体からは、

人口減対策や地域活性化に自治体が

柔軟に使える交付金の創設などを

あらためて要望したと報じられているが、

使い勝手の良い一括交付金を望んでいる。



異次元の対応は、

一括交付金を超えるものになるのだろうか。



====



一方、経済産業省が、

名所や特産品といった観光資源と

歴史や自然などを絡めた「物語」を仕立てて

一体的に売り込む地域の取り組みを支援することが

21日分かったと報じられている。



地域づくりに物語、脚本が必要だというのは、

従前からの私の主張だ。



経産省では、20~30程度の地域を選び、

2015年度予算で補助金を出す方針だという。



====



物語作りは悪くないが、

こんな形で補助金を出すのは、異次元でも何でもない。



従来型のやり口で、これまでと何も変わらない。



内閣をあげて地域創生と言っているのに、

各省バラバラに施策を実施するならその効果は限定的だ。



物語を作るのは良いが、その先に補助金ではダメだ。



物語を作る作業に力点を置くべきであり、

最初から物語具現化への補助をチラつかせるのは、

物語を歪めてしまう。



従来の地域振興策の問題は、ここにあるのだが、

やっぱり安倍さんは、この点を理解していないようだ。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・10・22

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください