11月10日 その2686『逢坂誠二の徒然日記』(4331)

掲載日:2014.11.10



夜明け前の函館、空には雲が多い。



路面が濡れてる。



弱い雨が降ったり止んだりの天候だ。







1)株式市場

日銀が決めた追加の金融緩和をきっかけに

東京株式市場で日経平均株価が値上がりしたが、

それを支えているのは外国人投資家だ。



先週、海外の投資家が

株式を買った額は売った額を

およそ5360億円上回って、

今年最大の「買い越し」だ。



国内の個人投資家は、

株を売った額のほうが買った額を

8200億円余り上回る「売り越し」なのだ。



海外投資家が先週の株価上昇の要因だった。



これは一体何を意味するのだ。



====



専門家の指摘によれば、

海外のヘッジファンドの多くは11月が決算期だという。



だから今の時期に、変動幅の大きい日本市場で

一儲けしたいとの思惑があり、1

1月中のどこかの時期に、

一気に売りをかける可能性がある。



こうした姿を見ても分かる通り、

外国人投資家の動向が

株式市場を左右していることが分かる。



いずれにしても株高による景気の牽引は、

実体経済が伴ったものでなければ、

単なるマネーゲームとなってしまう。







2)交付税の引き下げ圧力

財務省が、7日の財政制度等審議会に対し、

地方単独事業を前年度比6%、

額にすれば8300億円程度を減らす案を提出した。



もちろん狙いは、地方交付税の削減だ。



安倍政権は、地方創生と標榜しながら、

地方の求める一括交付金を廃止した。



地方の自主裁量で行う単独事業も削減する。



地方の現実を知らない、

愚かな対応を言わざるを得ない。



不要不急なひも付き補助金を減らし、

地方の自主裁量権の及ぶ、

予見可能性のある財源を増やすのが王道だ。







今週も朝の街宣から活動開始だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・11・10

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 11月10日 その2686『逢坂誠二の徒然日記』(4331)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください