11月14日 その2690『逢坂誠二の徒然日記』(4335)

掲載日:2014.11.14



昨朝の街宣活動は、雨と激しい風のため、

2時間の予定を早めて1時間半で終了した。



雨だけならまだしも、

風が吹くと傘も持てないため、

断念せざるを得なかった。



何とも残念だ。



本格的な冬に突入し、雪の状態が落ち着くまで、

この時期の街宣活動は、

不安定な天候に大きく左右されることになる。



昨日は、午後になってからは、

天気予報通り雪の舞う天気となった。



同じ気温でも、雪が舞いだすと

一気に寒くなったように感じ、

屋外活動をしている体が、

一気に冷え込んでしまった。







1)核燃料サイクル

経済産業省原子力小委員会の

中間整理の骨子案が、昨日、示されたが、

「核燃料サイクル事業」などを進めていく内容で、

呆れるほかはない。



====



骨子案は以下のような内容になっている。





原発のコストは

「他の電源と比較して遜色なく低廉」





2016年の電力小売り全面自由化や

安全規制の基準が厳しくなるなど事業環境が変わった





投資規模が巨額で、

40年以上と長期にわたる原発事業には特殊性があり、

「適切な政策措置を講じることが必要」





核燃料サイクルを安定的に運営するために、

事業実施主体のあり方を検討すべき。





廃炉が決まった原発立地自治体への

財政支援策を検討する





電力会社の廃炉会計ルールを見直す



・使用済み核燃料の貯蔵施設の新たな立地を検討する



====



どれもこれも、原発推進に都合の良い解釈と内容だ。



安倍政権は原発依存を可能な限り低減すると公言しているが、

これは完全な二枚舌と言わざるを得ない。



ヨーロッパの多くの国では、

脱原発が具体的に進んでいるが、

その状態とは真逆のガラパゴス的対応だ。







2)大間原発

原子力小委員会の中間整理骨子案にも驚くが、

電源開発の大間原発への対応も酷い。



以下は、昨日の北村雅良社長の発表だ。



====





大間原発の新規制基準への適合性審査を

年内に原子力規制委員会に申請する





2021年度にも運転を開始





新規制基準に合わせた安全対策のための追加費用は、

1300億円を見込む





規制委の審査を1年程度と見込む





2015年11月から重大事故対策施設にかかわる工事を始め、

2020年12月に工事を完了





その後、核燃料を使用した試運転を1年程度行う





基準地震動を

現状の450ガルから650ガルに見直す





想定される最大津波高を

4.4メートルから6.3メートルに引き上げる



====



国は核燃料サイクルを推進すると言い、

電源開発も大間積極推進を明確にした。



3.11という未曽有の大災害、大事故を経ても、

日本の原発政策は一向に変わろうとしてない。



中長期的に問題を見据える目線を失い、

単に足元だけの損得で判断しているとしか思われない。



マネーゲームに奔走し、

持続可能な社会の創造に力を注ごうとしない安倍政権の

本質がここでも顕著に現れている。



総選挙で鉄槌を下さねばならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・11・14

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください