11月16日 その2692『逢坂誠二の徒然日記』(4337)

掲載日:2014.11.16



函館は曇の多い朝を迎えた。



雨の見込みはない。



気温は2度、日中も6度程度と寒さが募る。







1)錦織圭選手

昨夜、テニスの世界トップ8選手による

今季最終戦の準決勝が行われた。



錦織圭選手は、世界ランク5位。



今季の年間世界ランキング1位が確定した

ノバク・ジョコビッチとの試合に臨んだが、

1―6、6―3、0―6で敗れ、

決勝進出はならなかった。



何とも残念だが、

今年の錦織選手の飛躍は凄い。



来シーズンの大活躍を期待したい。







2)慌ただしさの演出…

昨日も、いつもの美原交差点で、

30分あまり話をさせて頂いた。



民放テレビ局がこの場面を取材した。



その取材の雰囲気を見ると、

解散が近づいて、

候補予定者が慌ただしく動き回る絵柄にしたいらしい。



確かに解散が近づくと慌ただしいのは事実だが、

街頭での話は、いつもやっていること。



解散が近づいたからといって、

特別に行ったことではない。



マスコミの皆さんの取材姿勢からは、

無理をして慌ただしさを演出している印象を受ける。



====



落ち着くこと。



私の思いをキチンと発信すること。



地域の皆さん声をしっかりと聴くこと。



そして行動すること。



これに尽きる。







今日もスケジュールがギッシリ詰まっている。



さあ今日も、しっかりと前進します。


============

        2014・11・15

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 11月16日 その2692『逢坂誠二の徒然日記』(4337)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください