11月18日 その2694『逢坂誠二の徒然日記』(4339)

掲載日:2014.11.18



函館は、今日も曇りの朝だ。



気温は低く1度程度か。



日中は、今日も7度程度に留まる見込みだ。



====



昨日も早朝から夜遅くまで、

七飯町、函館市を走り回った。



夜には七飯町で、

笹田浩道議とともに活動報告会を行った。



寒い夜にも関わらず200名近い皆さんに参加頂いた。



感謝、感謝で言葉もない。



集団的自衛権、大間原発など、

安倍政権の暴走を止めて欲しいなどの意見を

数多く頂いた。







1)景気減速

昨日、内閣府が7~9月期のGDP成長率を発表した。





物価変動を除く実質で前期比0.4%減





このペースが1年間続くと仮定した年率換算で1.6%減



====



民間予想も(もしかすると政府も)、

2%程度のプラスを見込んだでいたが、

その予想を大きく下回り、2四半期連続のマイナス成長だ。



GDPの6割を占める個人消費の伸びが小幅。



企業の設備投資も低迷。



アベノミクスによる円安で、実質的な所得が減少。



====



以前から指摘しているとおり、

株価、為替による金融経済、資本経済で、

実体経済を引き上げようとするのがアベノミクスだが、

それには限界があることが明確になっている。



資本経済への刺激は、大企業、投資家には有利なようだが、

数多くの国民にとっては、マイナスに作用している。



昨日の地元回りでも、そのことは明白だ。



多くの皆さんから、

安倍政権になって生活が苦しくなったとの声を頂いた。



農家の皆さんからは、

農業戸別所得補償の縮小などで、

農業の将来像が見えず不安との声も数多い。



景気経済の浮揚には、

実体経済を刺激するという正攻法が必要なのだ。



アベノミクスには地場でお金を回すという発想が欠けている。



それを行うと、大企業の収益が減る場面があるが、

それに耐えなければ、

国民の多くの皆さんが実感できる景気浮揚には繋がらない。







今日は、しし座流星群の極大日だが、

空を見上げる余裕はなさそうだ。



今日も朝の街宣から活動を開始し、

長万部に向かう。



今日は終日、長万部での活動だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・11・18

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 11月18日 その2694『逢坂誠二の徒然日記』(4339)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください