11月20日 その2696『逢坂誠二の徒然日記』(4341)

掲載日:2014.11.20



寒いっ。



今朝の函館はさらに気温が下がり1度程度。



黒い空の向こうに、薄っすらと星が見える。



多少雲があるが、日中は晴れの予報だ。



最高気温は9度と予想されている。



====



昨日も地元回りにフル回転している。



夕方には、総理の解散表明を受けて、

記者会見を行った。



数多くの記者、テレビの皆さんにおこし頂き、

会見時間は40分以上にもなった。



がっちり情報発信をして、

皆さまの理解が得られるようにしたい。







1)唖然茫然

菅官房長官の発言は、

驚きを通り越して唖然茫然だ。



====



管官房長官は、昨日の記者会見で、



集団的自衛権の行使容認に踏み切った7月の閣議決定や、

12月10日に施行される 特定秘密保護法の是非は、



12月の衆院選の争点にはならない



との認識を示したのだ。



====



何を言っているのか。



この二つの問題は、

憲法に反するおそれもあるうえ、

基本的人権を侵害する可能性も指摘されている。



日本の国家の基本を大きく揺るがしかねない大問題であり、

徹底的に議論し、その可否を問う必要がある。



====



管長官は、次の様にも述べている。



集団的自衛権行使に関し、



「自民党は既に憲法改正を

国政選挙の公約にしており(信を問う)必要はない。

限定容認は現行憲法の解釈の範囲だ」。



秘密保護法についても



「いちいち信を問うべきではない」。



====



この二つの問題が、

どれほど大きな問題であるのかを認識しない、

極めて傲慢な発言だ。



====



加えて、



「何で信を問うのかは政権が決める。

安倍晋三首相はアベノミクスが国民にとって

最も大事な問題だと判断した」、



こんな発言もしている。



====



主権者は国民であるとの意識が極めて希薄で、

信じられない発言だ。



こんな争点隠しに乗ってはいけない。







今日も朝の街宣から活動開始だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・11・20

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください