11月25日 その2701『逢坂誠二の徒然日記』(4346)

掲載日:2014.11.25



公示まで一週間。



投票日までは、19日と20日を切った。



====



夜明け前の函館、

空には多少の雲があるようだが、

雨も雪も降っていない。



気温は1度程度だった。



====



昨日は、長万部、八雲を

笹田浩道議とともに走り回った。



朝の長万部の気温は氷点下。



油断をして、コートを着用せずに外回りをしてが、

あまりの寒さに震えあがってしまった。



そんな中、多くの方にお会いし

私の思いを伝えさせて頂いた。



私が訪問することが、あらかじめ分かると、

浜の倉庫に集まってくれたり、l

地域の集会があることを教えてくれたりと、

皆さんから、大きな気遣いを頂いた。



こちらから申し出もしなかったのに、

こうした対応を自発的に行ってくれるのは、

何とも心強い。







1)電気料金と泊

電気料金が値上がりし、困っている方が多い。



特に北海道では、2度も値上げが行われ、

以前に比較すれば

20%以上も増加したケースも多い。



本来、燃油や電気料金など、

生活にどうしても必要なものがこれほど値上がりすれば、

政府や北海道が何らかの対策を講ずる、

そんな動きが出るのが普通だ。



しかし今のところ、その動きは見えない。



一方で、泊原発を再稼働すれば、

電力料金が下がるとの情報が流れる。



あたかも高い電気料金で我慢すのか、

それともリスクを承知で再稼働を選択するのか、

その二者択一を道民に迫っているようだ。



マスコミの世論調査の設問が、

こうした雰囲気にさらに拍車をかけている。



電気料金を引き下げるには、

再稼働しか道がない雰囲気に引き込まれ、

思考停止状態だ。



====





電気料金を引き下げたい





再稼働は不安で避けたい



この二つの条件を満たす道は何か。



====



再稼働すれば電気料金が下がるらしいが、

原発稼働への不安が高まり、

二つの条件は成就しない。



二つの条件を満たす道は、

電気料金の高騰対策を行うことだ。



しかしその実施に向けた、

政府の動きは鈍いように感じられる。



あたかも電気料金を人質にして、

再稼働を迫っているかのようだ。



====



3.11大震災で、

多くの人が原子力発電所の

不都合な真実を知ってしまった以上、

電力料金が高いからといって

再稼働できる環境なのだろうか。



====



相変わらず使用済み核燃料の処理方法は見えない。



地元の範囲が定まらない上に、

有効に機能する避難計画が作れない



現在の政府与党も

原子力依存度を下げるとの雰囲気を醸しているが

実際にどのように下げるのかの具体策も

目標も示すようには見えない。



こんな状態で再稼働すれば、

リスクを放置したままで、

なし崩し的に原発の運転がいつまでも続く可能性がある。



しかし、電力料金高騰対策を講じなければ、

国民から再稼働が必要との声が徐々に高まる可能性があり、

その世論に押し切られる状態も想定される。



それは避けねばならないが、

どうしてもそうした世論が強いなら、

最低限でも次のような条件を付さねばならないだろう。



====



A)

万が一の場合の被害が及ぶ範囲を明確化すること。



B)

その範囲及び避難受け入れ先自治体で、

有効で機能する避難計画が樹立できること。



C)

再稼働する原子炉を

いつまで使い続けるのかを明確にすること。



====



万が一の際に、少しでも住民の安全を守るため

最低限でもAとBは必要だ。

(これは最低限であり、安全だということではない。)



Cは、なし崩し的に原発稼働を続けないための措置だ。



====



そもそも使用済み核燃料の処理もできない施設を、

使い続けること自体に無理がある。



蛇足だが、現在のルールでは、

使用済み核燃料は、

再利用できる価値のあるもの(資産)との位置づけで、

処理に経費のかかるゴミ扱いではない。



しかし現状で、核燃料サイクルが、

有効に機能するとは思われない。



そうなれば、使用済み核燃料は、

処理費用が膨大に必要なゴミとなる。



つまり原子力の発電単価は、さらに高くなる。

(というよりは会社経営が成り立たない??)







今日は市場回りから活動を開始し、

その後、定例の朝、街宣だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・11・25

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください