12月1日 その2707『逢坂誠二の徒然日記』(4352)

掲載日:2014.12.01



いよいよ師走だ。



朝の気温は高い。



10度程度になっている。



今日から天候が下り坂だ。



西高東低の冬型の気圧配置となる。







1)浜回り

昨朝は、朝の4時過ぎから

南茅部の浜回りをした。



多くの皆さんにお会いして、

漁の様子なども聞かせて頂いた。



今年の漁模様は、定置などの調子が良く、

史上最高の水揚げになる事業者もいる。



浜の調子が良いことは、

地域の経済のみではなく、

地域の雰囲気全体が良くなって嬉しい限りだ。







2)自分との戦い

昨日、JC主催の公開討論会が開催された。



またしても根拠のない、

あるいは政策の形成過程を全く理解しない

誹謗中傷が公然と話される場面もあり、

正直なところ呆れる場面もあった。



あまりの無理解に反論しても意味がないし、

政策に対する理念も具体性もない。



結局のところ、自分との戦いなのだと思う。



相手の意味のない誹謗中傷に惑わされず、

自分思うところに向かって、信念を持って、

ぶれることなく進むことが大切だ。







明日から選挙戦がスタートする。



今日で選挙前活動は最終となる。



悔いの無いよう、全力投球だ。



今朝も定例の朝の街宣からスタートする。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・12・1

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 12月1日 その2707『逢坂誠二の徒然日記』(4352)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください