12月4日 その2710『逢坂誠二の徒然日記』(4355)

掲載日:2014.12.04



江差町で朝を迎えた。



夜明け前の気温は零度程度。



終日、曇りか弱い雪の予報だ。



気温も2度程度までしか上がらない。



冬型は一端緩むようだが、

夜から明日にかけて再度、冬型が強まる見込み。



厳しい寒さの中での活動だが、

2年前の総選挙に比較すれば、

まだ気候は穏やかだ。







1)公示2日目

昨日は、早朝から函館市内の事業所に出勤される皆さんに、

1時間近くに渡って、挨拶を行った。



その後、北斗、木古内、知内、福島、

松前、上ノ国を遊説し、江差町に入っている。



各自治体の庁舎前で街頭演説を行ない、

上ノ国、江差では個人演説会を開催した。



各自治体首長の皆さんや

幹部の皆さんにもお出ましいただくなど、

本当に有り難く思う。



上ノ国、江差の個人演説会では、

福原賢孝道議の応援を頂き、

予想を上回る数多くの皆さんに参加頂いた。



また福島、松前、上ノ国では、私の来町を知り、

地域の倉庫や集会所などの前に、

自発的に集まってくれた方々も多数おり、

本当に嬉しく思う。



遊説の途中であり、予定時刻も変更する中、

私の到着を粘り強く待って下さった皆さんに心から感謝している。







2)大間原発

今回の選挙のテーマの一つは、やはり大間原発の凍結だ。



2年前の総選挙でも、これが問題となり、

全ての候補者が異口同音に大間に否定的な立場をとった。



====



私は、この2年間も大間関連の集会に

積極的に出席し、大間の現地も訪問した。



さらにエネルギー問題の海外調査も行っている。



さらに超党派国会議員で構成する「原発ゼロの会」の顧問として、

福島第一原発にも二度訪問している。



函館市が国とJパワーを訴えているが、

東京地裁で行われた初公判も傍聴させていただいた。



また各地の講演でも大間の話をさせて頂いている。



こうした活動を通して、

改めて大間原発の問題がクリアになり、

何ともしても大間を凍結しなければならない

との思いを強くしている。



====



一方で、当選された与党現職は、

前回選挙で大間原発に否定的な発言をしたにも関わらず、

具体的な活動をほとんど行っていないとの声が多い。



たしかに私が参加する集会や国会内での会議でも、

姿を見かけたことはない。



昨日あたりから、私にそのことを指摘する方も多い。



少なくとも前回総選挙から2年間、

大間について具体的な活動を行ったのは誰なのかを

多くの有権者の皆さんに理解してもらいたい。







今日は、江差町から今金町までを移動し、

皆さんに私の思いを伝えさせていただく。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・12・4

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください