9月14日 その1512『逢坂誠二の徒然日記』

掲載日:2011.09.14



夜明け前の都内、
雲のない空が広がっています。

地平線付近が明るくなってきましたが、
まだ星が瞬いているのが見えます。



1)178国会
昨日178国会が召集されました。

今回の会期は4日間です。

私は、普段から
そもそも通年国会が良いと思っています。

特に今は大震災への対応が必要です。
今回は、会期を区切らずに、
年末まで臨時国会を行うべきと考えていました。

しかし総理日程等を考えて、
今回の会期は、
総合的に国体などが判断した結果だと認識しています。

今週金曜日で会期は終了しますが、
総理の外交日程が終了し次第、
次の国会を早急に召集すべきと思います。



2)所信表明演説
昨日の総理の所信は、
復旧・復興、経済成長、
財政再建、野党との協力などに
的を絞った内容になっています。

====

国民生活が第一、
地方や地域、あるいは環境、文化など、
こうした点にはほとんど言及がありません。

低姿勢でとにかくお願い姿勢に徹した
内容だったと感じます。

政権交代時、一丁目一番地と位置付けた、
地域主権改革は、一言、言及したのみでした。

====

ここ10年余りの日本政治の混迷の要因は、
日本の大きなビジョンの無さにあります。

本来、所信で、
そうしたビジョンを語るべきなのでしょうが、
今回はそれも封印しています。

そんなことから、
深まりや味わいという感覚ではなく、
堅いという印象を受けました。

経済や財政が、
社会を支える基盤であることは理解しますが、
それによってどんな日本を目指すのかを、
もう少し語っても良かったと感じています。



3)郵政改革特別委員会
昨日本会議終了後、
衆院郵政改革特別委員会が開催されました。

委員の互選によって、
委員長に赤松広隆代議士が選出されました。

郵政改革関連法案の一日も早い成立が必要です。



4)党税制調査会
党税制調査会の副会長に就任しました。

昨日の役員会で急遽決定し、
私が加わることになりました。

筆頭副会長は、海江田万里さんです。

政府の役職を離れ、
多少は地元に戻る余裕が出るかと思ったのですが、
税調の副会長になれば、
年末まで、相当時間、
体が拘束される見込みとなりました。



さあ、今日もしっかりと前進します。
=============
   2011・9・14 Seiji
Ohsaka

=============

マグマグの送信登録・解除はこちらです。
http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください