12月7日 その2713『逢坂誠二の徒然日記』(4358)

掲載日:2014.12.07



函館の空、薄い雲の向こうに

淡く星が瞬いている。



昨夜から雪は降らなかった様子だ。



朝の気温は、マイナス8度程度だろうか。



夜中には、寒さで目が覚めてしまった。



====



大雪の今日、

真冬日になるかならないか、

ギリギリの予報が出ている。



日中は、弱い雪が降る見込みだが、

それほど激しい天候にはならないようだ。







1)5日目

昨日の公示後5日目は、

早朝からの朝市回りを皮切りに

函館市内を中心に遊説をした。



マイクを持って話すのが困難になるほど、

時折激しい雪の降る天候だったが、

午後には、晴れ間も広がった。



しかし午後からは、

気温が下がり震えながらの、

街宣活動となった。



体調はすこぶる良好だが、

相変わらず顔がしもやけ状態、

唇はボロボロだ。



声は徐々にザラついてきたが、

まだまだ大丈夫だ。



====



昨日は、8時過ぎに朝市で街宣を行った後、

市内のいくつかの団地とショッピングセンターなどで、

街宣を行った。



団地では、氷点下にもかかわらず

ベランダを開け放って聞いて下さる方もおり、

本当に有り難く思う。



遠くから「頑張れーっ」との掛け声もあり、

勇気を頂いている。



あらかじめ時刻を確認の上、

街宣場所に来てくださる方もいた。



これも嬉しいことだ。







2)取り組みの差

他の候補の方も、

大間原発を止めるなどと主張され、

政策的に違いがないと指摘されるが、

それは全く違う。



2年前の選挙でも、大間を止める等の主張された方が、

この2年間で何をしたかを、

有権者の皆さんには、しっかりと確認頂き、

取り組みの差を理解してもらいたいと思う。



私は、この2年間、

大間や原子力発電所の問題に積極的に関わってきた。



例えば以下のとおりだ。



====



函館で月一度開催されるバイバイ大間原発の会合や

その他原発に関するイベントなどへの積極参加。



2度、福島第一原発を訪問し、

東電副社長らから事故処理の現状や課題を聞くなど、

事故実態の把握。



函館市の大間原発凍結訴訟の傍聴。



3度に渡るドイツなど

海外の原子力事情等の勉強。



超党派国会議員の「原発ゼロの会」顧問として、

国会での活動の継続。



原発問題について数度の講演。



8区総支部として、

数次に渡り大間凍結などの決議。



====



こうした活動を通して、

大間に関する知見などを蓄積し、

かつ大間凍結の運動の輪を広げてきた。



私は、単に選挙で大間凍結を主張しただけではなく、

この二年間、具体的な活動を積み重ねてきた。



二年前にも大間反対を主張した他候補は、

この二年間、何をしたのか。



この違いをしっかりと受け止めて、

どちらが大間問題に真摯に向き合っているかを

判断してもらいたい。







選挙運動期間は、

泣いても笑っても今日を含めて、

残すところ7日間となった。



もっともっと多くの皆さんに

私の思いを伝えたいと思うが、

残された時間は僅かだ。



昨夕、雲の切れ間から満月が見えた。



まだ先の見えない厳しい厳しい選挙戦だが、

満月を見て少し心が落ち着いた。



耕雲種月。



大きな志を忘れずに、目を見開いて、

とにかくひたすら誠実に、

力強く明るく運動を貫き通す。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・12・7

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 12月7日 その2713『逢坂誠二の徒然日記』(4358)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください