12月18日 その2724『逢坂誠二の徒然日記』(4369)

掲載日:2014.12.18



昨朝は、悪天候のため

朝の街宣を中止せざるを得なかった。



道内各地で、冬の嵐による被害が出ている。



今日も、引き続き悪天候が続く。



====



やるべきことが多く、

今朝はいつもよりも一時間ほど早い起床となった。



昨日は、国会で両院議員総会など、

党の会議が開催されているが、

私は地元用務を優先し、残念ながらの欠席だ。



睡眠不足がなかなか解消されず、

ちょっとトホホ状態がだが、

もう数日間、頑張ってこの山を乗り越え、

多めの睡眠時間を確保したい。







1)補正予算など

景気低迷にてこ入れする政府の経済対策の大枠が、

やっと固まりつつある。



国が出す予算の規模は3兆円超になる見通し。



====



今月27日に閣議決定し、

来月に決める今年度補正予算案に反映させる方向。



自治体向けの2種類の交付金が含まれるが、

補正の成立は2月になる可能性があり、

自治体では3月に補正し、

年度を繰り越して執行することになると思われる。



即効性という観点からは、ちょっと物足りない。



====



交付金は2種類の予定。



一つは、地域の消費を活性化させる交付金。



車の平均保有台数など、

複数の基準をもとに各市町村への配分額を決定。



メニューには、

地元商店街で使える商品券や、

ガソリン・灯油購入の補助などが入る。



自治体が指定した宿泊施設などを使うと割引になる「ふるさと旅行券」、

特産品を割引販売する「ふるさと名物商品券」などにも使える方向。



このようなメニューから自治体が選んで使う。



====



もう一つは、

人口減対策などですぐれたアイデアを出した自治体に配る

「地方創生型」の交付金。



地方自治体が、アイデアを出し、

その実施計画を国が認めた場合に交付する。



2種類の交付金合わせて数千億円規模の見通し。



====



経済対策の主な予定メニューは以下。





灯油購入補助、観光振興などに使える交付金





すぐれた活性化策を作った自治体を支援する交付金





合理化や省力化に取り組むコメ農家に補助金





漁船の燃油費を補助





学校施設の耐震改修





住宅エコポイント



====



自体の現場は、相当に混乱する可能性を感ずる。



さらに統一地方選挙狙いの雰囲気もありそうだ。



灯油の支援などは

この冬には間に合わない感じもあり、

即効性と柔軟性が必要だと感ずる。







今日は、朝の青果市場回り、

その後、朝の街宣から活動をスタートする。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・12・18

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください