12月21日 その2727『逢坂誠二の徒然日記』(4372)

掲載日:2014.12.21



12月も残り少なくなってきた。



11月上旬に解散情報を把握してから、

本当にあっという間に40日余が過ぎた。



選挙に没頭する日々が過ぎ、

選挙後もフル回転の日々が続く。



しかし最近になってやっと、

その緊張がちょっと解れ、

若干の疲労感を覚える。



しかし、そんな疲労感にひたる間もなく、

来週からは特別国会が始まるし、

もう既に多くの政策課題が持ち込まれ、

仕事本番状態に突入している。



今日の函館は、雪時々曇の予報。



日中も氷点下の真冬日の予報だ。







1)選挙の総括

昨日、札幌市内で民主党北海道の常任幹事会が開かれ、

今回の選挙の反省点や課題について話し合っている。



私からは、

経済界や若者への浸透度合いが低いことを

課題として指摘させて頂いた。



====



民主党の代表選挙についても告知された。



選挙は、1月18日(日)に実施される。



公示日は、1月7日(水)で

11日間の選挙戦がスタートする。



今回は、立候補を検討される方が数名いるようだが、

この11日間に全国を回って、

各地で立候補者が政策などを訴えることになる。



今回は、党員、サポーターの皆さんも投票できる。



国会議員数が減ったため、

初めて党員、サポータの皆さんのポイントが

議員よりも高くなっているのが特徴だ。



そのため党員・サポーターの皆さんの動向が、

最終結果を左右する可能性がある。



党員・サポーターの皆さんも目が離せない選挙となる。







2)原子力回帰

経済産業省は、

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を見直し、

電力会社が買い取り量を制御しやすくする

新しいルールを決める方向だ。



====



見直し案のポイントは、以下。





電力会社が発電事業者に

発電量の抑制を要請できる上限を年30日から拡大





発電量抑制の要請単位を一日から一時間に細分化





発電量の抑制対象を

500キロワット未満の設備にも拡大(一般住宅の設備には配慮)





来年四月以降、電力会社の買い取り価格決定を

「接続申込時」から「接続契約時」に変更





電力会社は、

予定通りに発電を始めない悪質な業者との契約解除が可能



====



いずれも電力会社に有利な内容であり、

再生可能エネルギーを促進するものには思われない。



政府が完全に手のひらを返した印象だ。



====



さらに経産省が、

原子力政策の方向性を議論している

有識者会合の中間整理の中に、

原発の建て替えを検討事項として

盛り込む方向で調整に入ったと報じられている。



再生可能エネルギーを抑制し、

原発の建て替えを検討する…。



進むべき方向が完全に間違っている。







3)高橋知事

高橋北海道知事が、来年4月の道知事選に

4選出馬する意向を固めていると報じられている。



高橋知事を押す自民党道連でさえも、

高橋道政3期の運営を批判的に検証した報告書出した。



そのうえ、



「北海道の将来像を明確に示し、

北海道の特性を踏まえた

独自政策の発信をしてほしい」



などと注文を付けたという。



3期務めてこんな注文が付くようでは、

一年生知事と一緒だ。



こんな現状でも4期目を務めたいと

本人が言い出すのは、驚きの無責任感覚だ。



逆に言うならば、そんな無責任感覚だから、

推されている団体からも

こんな評価を受けることになるのだろう。



知事選挙への対応方針を

早急に確立しなければならない。







終日、函館市内で

予定がぎっしり詰まっている。



今日もフル回転だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・12・21

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください