12月24日 その2730『逢坂誠二の徒然日記』(4374)

掲載日:2014.12.24



昨日は、地元でいつもお世話になっている皆さんのイベン
トに出席し、

その後、平和運動フォーラムの皆さんと一緒に、

本町交差点で街宣を行った。



イベントでは、参加者の多くの皆さんから、

国政復帰に対し、たくさんのお祝いの言葉を頂いた。



涙を流して喜んでくださる方もおり、

私の責任の重さを改めて噛みしめている。



====



今日、いよいよ特別国会が召集される。



二年ぶりの登院だが、心を引き締めて、

懸案となっている様々な案件に取り組みたい。







1)3.11とは…

政府与党の原発に関する政策や発言を見ていると、

3.11などなかったかのような雰囲気に感ずる。



3.11がなかったばかりか、

3.11以前よりもさらに原発への強い拘りを感ずる。



これは私にとっては異常な姿に見える。



あれほどの過酷事故が続き、

今まだその被害が拡大している。



あの事故以降、原子力に対する様々な課題が露呈し、

原発が人類と共存し難い技術であることが

多くの人に認識されつつある。



こんな状態でも、安倍総理を頂点とする政府与党は、

原発を積極推進する姿勢を崩していない。



これは人類と地球滅亡の道ではないのか。



====





原発を再稼働すれば交付金を増額し、

再稼働がしなければ交付金が下がる





原発の建て替え容認を検討する





原子力規制委員会の委員長が、

規制基準に合致しても完全に安全ではないと指摘しているが、

安倍総理は規制基準に合致すれば安全と言い張る矛盾





万が一の際の被害想定もされず、

有効に機能する避難計画がなくても稼働を急ぐという、

国民の安全安心無視





処理方針の決まらない使用済み核燃料





核燃料サイクルと言いながら、

「サイクル」にはなっていないMOX燃料発電





原子力発電は二酸化炭素発生量が少ないと言われるが、

建設、運転、廃炉や関連事業を含めると

膨大な二酸化炭素を発生させている恐れが強い矛盾





発電単価が安いと喧伝されるが、

本当のコストが見えない原子力発電



====



多くの矛盾と危険を積み込んだ安倍政権の

原子力推進列車は暴走を続けている。



こんなに多くの方が反対し、しかも矛盾だらけにも関わらず

この暴走列車が止まらない理由は何なのか。





原発政策推進によって大儲けする方がいること





原発稼働が、原子力爆弾製造に結びつくこと



こんなことが理由になっているのだろうか。



国民の生活や命を守るための経済や国防が、

逆に国民を危険に晒し苦しめているとすれば、

これも大きな矛盾だ。



私たちは、数多くの矛盾に気が付いて、

目を覚まさねばならない。







2)大間原発

今日、特別国会の初日だが、

早速、大間原発について行動を起こす。



電源開発株式会社は、去る12月16日、

原子力規制委員会に対し、

大間原子力発電所に関する

新規制基準適合性審査の申請を行なった。



民主党8区総支部として、電源開発株式会社に対し、

この撤回申し入れを本日夕方実施する予定だ。







今日の東京の天気は、晴時々曇の予報。



日中は12度程度にまで気温が上がる見込みだ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・12・24

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 12月24日 その2730『逢坂誠二の徒然日記』(4374)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください