12月26日 その2732『逢坂誠二の徒然日記』(4376)

掲載日:2014.12.26



国会3日目。



といっても今日が最終日だ。



昨日も朝4時からフル回転した。



たくさんの来客、会合、

さらに締め切りの過ぎた、

あるいは締め切りの迫った原稿に忙殺されている。



時間のやりくりをうまくしないと、

これらをこなせそうにない。



====



今日の東京は晴れの予報。



最高気温は10度の見込みだ。



一方、函館は雪時々曇。



最低はマイナス7度、

最高はマイナス2度で真冬日の予報だ。







1)大間原発訴訟

昨日、東京地裁で、函館市が国と電源開発を相手に

大間原発の建設差し止めを求めた訴訟の

口頭弁論が行われ、私も傍聴した。



詳細は、原告側弁護士の整理が必要だが、

極めて重要な口頭弁論となった。



====





国側などが函館市には原告適格ない、

つまり訴訟を起こす資格がないと主張していたが、

東京地裁はその判断を先送りすること決めた。





函館市側に、主な論点を整理して提出するよう求めた



====



国側が、

函館市には原告になる資格はないため門前払いを主張していたが

裁判長はその判断を留保して、本格的な審理に入ることになる。



この裁判所の判断は大きい。



本格的な審理に入れるかどうかが、

今回の裁判の焦点だったが、

その山が一つクリアされたのだ。



国が主張する原告適格の有無は、

本格的な審理中で議論されることになる。



====



原告側弁護団によれば、

市側に対し、本格的な審理に入る前に

論点の整理を求めたことも大きなことだという。



さみだれ式に論議せず、

全体を見通して争われることになる。



また市側は、行政法学者に対して、

市には原告適格のあることを明確にするための

意見書作成を依頼している。



====



次回の口頭弁論は、

3月19日午後3時の予定だ。



====



今回は、傍聴席の後ろ側に座ったが、

法廷の発言が聞き取り難い。



裁判長の声は何とか聞こえるが、

原告、被告側の発言は、

発言者がちょっとでもうつむく等すると、

聞き取りが難しくなる。



裁判長、原告、被告には問題ないのだろうが、

傍聴人には極めて不親切な法廷対応だと感ずる。



この点、改善しなければならないと思う。



====



昨日の口頭弁論の傍聴券の数は79。



それを求めて並んだ方は、150名以上だったと思う。



大間原発訴訟は、多くの人が注目している。



私は、傍聴券の抽選で漏れたのだが、

知り合いが券を譲ってくれたため何とか傍聴できた。



感謝、感謝。







今日も早朝から予定がギッシリだ。



最終便で帰函し、

夜は地元でいくつかの行事に参加する。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・12・26

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください