12月27日 その2733『逢坂誠二の徒然日記』(4377)

掲載日:2014.12.27



函館は、雲の多い朝を迎えた。



朝の気温はマイナス7度程度。



昨夜から雪は降っていない。



====



昨日、特別国会が終了し、最終便で帰函した。



その後、いくつかの会合に出席した。



昨日の実働時間は20時間。



これはちょっとやり過ぎで、

少しペースを落とさねばならない。







1)クビ、手を握っている

政府が一昨日、

東電福島第一原発事故で政府事故調査委員会が、

政治家や東電関係者らに聴取した記録(調書)のうち、

新たに127人分を公開した。



それら調書によれば、

電力行政、あるいは電力業界の常軌を逸した雰囲気が伝わってくる。



たとえば、

当時の規制機関だった

経済産業省原子力安全・保安院は、

大津波が襲う可能性を認識していた。



しかし、原発推進という圧力に押し切られ、

電力会社にそのことを

強く伝えていない実態が明確に浮かんだ。 



====



(保安院の耐震安全審査室長の調書)



2009年ごろから、

869年に発生した貞観地震と同程度の地震発生の危険性が

専門家の指摘によって保安院内でも問題になっていた。



そこで貞観津波が再度発生した場合の危険度を

検討するよう保安院幹部に提案した。



ところが、保安院複数の幹部から2010年に、



「あまり関わるとクビになるよ」、



「その件は原子力安全委員会と手を握っているから、

 余計なことを言うな」



こんなことを言われたという。



====



これは酷い話だ。



リスクの可能性を認識していながら、

それを組織ぐるみで無視をしたということだろうか。



こんなことで東日本大震災被害が拡大したのか。



その無視、隠ぺいは、犯罪と呼ぶべきものだろう。



====



また電力会社の姿勢について、

保安院の原子力安全基準統括管理官は調書で



「(電力会社は)ありとあらゆる場面で、

 嫌だ嫌だというような話だったし、

 指針の見直しだといった時も、

 ありとあらゆるところからプレッシャーを受けた」



と話している。



====



規制の側も隠ぺい体質、電力会社も後ろ向き、

これで安全を徹底する仕事ができるはずがない。



天を仰ぐばかりの状況だ。



====



原子力災害と一般の災害の最大の違いは、

発災から時間が経過しても

被害の程度(死者、負傷者、疾病発生者数、倒壊家屋など)が

固定化しないことだ。



原子力を伴わない地震、火事、風水害などは、

一定の時間が経過すれば被害の程度が、

固定化し、確定する。



すなわち一定の時間の経過で

被害が広がらなくなるのが、一般の災害だ。



原子力災害は、発災から時間が経過しても

被害の程度が固定化せずどんどん広がる、

あるいは変化し、その状況が長引く。



ここに原子力災害の恐ろしさがある。



そのため発災から3年半以上が経過しても、

未だに福島第一原発事故の被害内容の確定ができず、

その影響は常に変化している。



だから被害対応も場当たり的にならざるを得ない。



これが原子力災害の現実であり残酷さなのだ。



だからこそ原子力関連事業には、

最大限細心の注意を払うべきであるにも関わらず、

大きな危機を知りながら、それを無視し、対策を怠った罪は大きい。







今日の函館は、晴時々曇の予報。



日中の最高気温が、

何とかプラスになるかもしれない。



12月6日に私の後援会に忘年会を企画していたが、

総選挙のため中止となった。



ところが多くの皆さんの希望で、

後援会忘年会が再企画され、今夜実施となる。



多くの皆さんと、

今年を振り返り、将来を語り合いたいと思う。







さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2014・12・27

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください