1月6日 その2743『逢坂誠二の徒然日記』(4387)

掲載日:2015.01.06



今日は小寒だが、気温は高めだ。



日中は、昨日に引き続きプラスの気温になる模様だ。



日中は、雨になるかもしれない。







1)初セリ

昨朝は、青果市場、魚市場、ともに初セリだった。



初セリには、例年出席している。



ところが両方が同時刻に開催されるため、

毎年交互の出席だ。



今年は、青果市場に出席し、

その後、魚市場の挨拶に移動した。



魚市場のほうが出席者が多いため、

常にそっちを優先すべきとの声も多い。



しかし、青果物も水産物も、どちらも地域の大切な産物だ。



だから初セリ参加者の多寡ではなく、

どちらの初セリも私の目で見ることを大きな目的として、

交互にお邪魔させて頂いている。



その考えで、よほど大きな何かがない限り、

来年は、魚市場の初セリ参加後、

青果市場への挨拶に伺うことになる。



====



昨日は、両市場で多くの皆さんに挨拶をさせて頂いた。



青果も水産物も、たくさんの良い品質のものが、

多くの皆さんに廉価で提供される、

その大きな役割を市場には果たしてもらいたい。







2)年賀会

昨日は、函館市の年賀会が開催された。



ここでも参加された多くの皆さんと、

新年の挨拶をさせて頂いた。



もっと多くの皆さんと、挨拶をしたかったが、

残念ながら時間となってしまった。



選挙への祝福と同時に、

早速、さまざまな仕事に対する要望、意見も頂いた。



やはりもっとも多い声は、大間問題だ。



それに次いで多かったのは、医療福祉関係。



こうした貴重な意見を

お寄せいただくことは本当に有り難い。



====



夜には、福島町の新年交礼会に参加した。



ここでも、町長さん、議長さんをはじめ

多くの皆さんと挨拶を交わしている。







3)談話

安倍総理は、年頭記者会見で、

今年策定する戦後70年首相談話に関し次のことを語っている。





第2次世界大戦への「反省」を含めて談話に盛り込む





過去の植民地支配と侵略を認めた

1995年の村山富市首相談話を継承する





先の大戦への反省、戦後の平和国家としての歩み、

アジア太平洋地域、世界へどのような貢献を

果たしていけるのかについて、

英知を結集して新たな談話に書き込む



====



うーん、どうも危うい雰囲気が漂う。



冷静で落ち着いた貢献なら良いのだが、

勇ましく押しつけ的な貢献になるおそれもある。



総理の真意をしっかりと確認しなければならない。







さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2015・1・6

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください