1月21日 その2758『逢坂誠二の徒然日記』(4402)

掲載日:2015.01.21



昨夜、札幌市内で、

一水会顧問の鈴木邦男さんとの対談があった。



そのため今朝は、札幌で朝を迎えた。



鈴木邦男さんの著作を読むと、

幅広い知性に溢れた方だと感ずる。



実際に会うと、改めてそのことを強く実感するし、

人をひき付ける大きな魅力のある方だと感ずる。



鈴木邦男さんと対談できたことを本当に嬉しく思う。



今更ながら、

私ももっと落ち着いて勉強しなきゃと思うし、

鈴木さんの著作や話にもっと触れたい。







1)大間原発

大間原発の事業者「電源開発」は、

東日本大震災後の新しい規制基準に基づく審査を

昨年12月、原子力規制委員会に申請した。



民主党第8総支部では、

昨年12月24日に電源開発の常務執行役員に対して、

この申請撤回を求める文書を、直接、手渡した。



ところが昨日、この1回目の審査会合が開かれ、

私の政策秘書が傍聴した。



====



大間原発は、

プルトニウムを混ぜた「MOX燃料」を

原子炉のすべてに使う世界初の商業用原発だ。



今回の新基準に合わせるため

電源開発では次の対策などを講ずるという。



====





最大規模の地震による揺れの想定を

建設許可が出された当時の450ガルから

650ガルに引き上げ必要な補強工事を行う





重大事故に備えて大容量のポンプ車や

電源車を用意する





MOX燃料は制御棒の効きが通常の燃料より悪いため、

中性子を吸収しやすい材質の制御棒を使う





最大津波高さの「基準津波」を、

4.4メートルから6.3メートルに引き上げる



====



以下、傍聴した私の政策秘書からの報告。





審査会合で大間の議論は10:00〜10:55の間。





報道席は約20名、一般傍聴席も約20名。

ほぼ全員がスーツを着た報道関係者か

関係企業や役所の人たちばかり。





電源開発からA4で両面28ページの

「申請の概要」が提示される





電源開発から「審査の概要」について

1ページ毎の読み上げ説明(所要約40分)。

これに対して原子力規制委員会や

規制庁から確認の質問





質疑応答は3名、約10分





質疑の内容も計算の仮定などの確認程度で、

「申請の概要」をこれから吟味し、

1〜2週間後の次の会合で論点を示すとのこと。





質問は、例えば、

地盤の想定で解放基盤の位置を深めにとっているが、

その根拠は?

などという解析仮定に係わるもの





「審査の概要」のざっとした印象は、

地震動に対する対応のみならず、

津波や火山などによる電源喪失時の対応策を

どこまでていねいに想定しているかを提示するもの。

もっとも、現時点の工学的知見に関するベストを尽くしていても、

工学には100%安全はありませんので、

とにかくここまで想定していますよ、という印象





最後に更田・原子力規制委員会委員長代理から次の発言。





「要求レベル以上の

高いレベルの安全性を求めているという姿勢を示して欲しい。

最新の技術の進展を取り込むという姿勢を示してもらいたい。

詳細は今後の会合の中で示してもらいたい」





工学的にはこれで一つの答えかもしれませんが、

政治的判断は別のところにあり、

原子力規制委員会の職務を超えたもの。

審査会は、あくまでも工学的な回答を示すことを

確認している印象を持つ



====



私の政策秘書からは、上記のような報告があったが、

私の事務所では、今後とも、この審査の状況を継続して、

注視することとしている。



審査が始まってしまったわけだが、

今回は、技術面からの審査が中心だ。



この審査に適合したからといって

100%安全なわけではないのは、

川内原発審査後に田中委員長が発言したとおりだ。



万が一の事故の際にキチンと避難できることが重要だが、

原子力規制委員会も国もこの点に深入りしてない。



こんなことで住民の命を守ることができるはずがない。



====



実際に具体的に機能する避難計画がなければ、

大間原発は動かしてはならない。



この点が、大間を動かさないための

大きな柱になるだろう。







2)イスラム国

イスラム国が2億ドルの身代金を払わなければ、

拘束している2人の日本人を殺害すると警告してきた。



殺害警告の理由として、

安倍総理が先にカイロで行った演説で、

イスラム国対策として

2億ドルの支援を表明したことを挙げたとの報道もある。



真相は分からないが、日本も対岸の火事ではいられない現実がある。



こんなときに日本は何をすべきなのか、

安倍総理には冷静に胸に手を当てて考えてもらいたい。



こんな場面で行うべきは、

日本の軍事的存在感を高めることだとは思われない。







今日は、早朝の便で帰函し、

函館市内で活動する。



その後、夕方には上京だ。



さあ今日も、しっかりと前進します。

============

        2015・1・21

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください