2月2日 その2770『逢坂誠二の徒然日記』(4414)

掲載日:2015.02.02



慌ただしい週末が終わり、

今日から新しいウィークデーの始まりだ。



週末は、統一地方選挙に向けた

4箇所の事務所開きに出席した。



今後もこの動きは続く。



2月に入って、統一地方選挙への動きが

一気に慌ただしくなる。







1)武器

昨年の4月から日本からの武器の輸出が始まっているが、

新年度政府予算案では、

次のような武器購入が予定されている。



====





垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ

 →5機(516億円)





ステルス戦闘機F35

 →6機(1032億円)





対空型無人機グローバルホーク

 →操縦システムなどを購入(154億円)





早期警戒機E2D

 →1機(232億円)





対潜哨戒機P1

 →20機を7年契約でまとめ買い(3504億円)





強襲揚陸艦

 →導入検討のため海外調査(500万円)





水陸両用車AAV7

 →30両(203億円)





イージス艦

 →1隻を建造、

   1隻分のミサイル迎撃システム購入(1680億円)



====



武器輸出と武器購入、

以前とは全く違った防衛環境に変化しつつある。



日本は、どんな国になろうとしているのか。



安倍総理のめざす国の姿と

国民の思いは一致しているのだろうか。



総理の口からもっと具体的に、

目指す国の姿を引き出さねばならない。







2)息苦しい

最近、どうしたことか息苦しい。



自由な発言を抑制する雰囲気が、

日本社会に一気に蔓延している。



これは完全におかしい。



誰かに押し付けられたわけではないが、

私たちが気が付かないうちに、

私たち自身が自由な発言を阻害する雰囲気を煽っている。



こんな状況の中では、

よほど神経を研ぎ澄ませていなければ、

あっという間に息苦しい社会になだれ込んでしまう。







3)冷静に大きな目線で

身の代わりが速いというか、問題のすり替えが巧妙だ。



====



新聞報道に以下の記述があった。



「防衛省幹部は「いま最大の脅威は『イスラム国』だ。

それを念頭に安保法制を議論するのは避けられない」と話す。



安保法制に関わる自民党関係者は

「今回ヨルダンや様々な国に協力をお願いした以上、

日本は何もしないというわけにはいかない」と語り、

自衛隊による支援が必要との考えだ。」



====



つい先日まで、竹島、尖閣、北朝鮮などが、

日本を取り巻く防衛環境変化の着目点だったはずだ。



それが今度は、イスラム国だ。



日本を取り巻く何らかの外的要因の変化が発生すると、

それを深刻に捉えて、

とにかく自衛隊の位置づけを変化させたい…、

そんな意図を強く感ずる。



こうした状況のときだからこそ、

冷静に大きな目線でものごとを捉える必要がある。







====



朝の街宣から、新しい週の活動を開始する。



しかし今日の朝の気温は、氷点下6度程度。



ガッチリと防寒対策を講じて、

出かけなければならない。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2015・2・2

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 2月2日 その2770『逢坂誠二の徒然日記』(4414)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください