2月7日 その2775『逢坂誠二の徒然日記』(4419)

掲載日:2015.02.07



昨日も、朝から深夜までフル回転の一日だった。



夕方には帰函し、

朝市協同組合連合会の

新年交礼会などに出席した。



その後、鉄道好きの方々と、

鉄道談義に深夜まで花を咲かせた。



結局帰宅は、午前1時。







1)税制調査会

今回、私は党の税制調査会の

顧問を務めさせて頂くことになった。



昨日は、役員会、そして税調会合が続けて開催され、

来年度税制改正大綱について議論をしている。



====



今回の改正大綱は、

やはり大企業に有利で、

個人や中小企業などには

厳しい税制に向かっている印象を強く受ける。



こんなことをしていれば、

社会の不平等はますます広がってしまう。



====



昨日の税調の会合では、

私が与党税調のコアメンバーを務めていた際に

大変お世話になった霞ヶ関の皆さんも出席された。



税制の適切な運用のために、

これらの皆さんには、

以前以上にお世話になるものと思うが、

今後、さらに意見交換することも確認させて頂いた。







2)選挙権年齢18歳

昨日、私もメンバーを務める、

選挙権年齢を18歳に引き下げる与野党PTが開催された。



その結果、

選挙権を持つ年齢を18歳以上にする

公職選挙法改正案について、

今国会に再提出する方針で一致した。



これで今国会中の成立は確実な情勢となり、

早ければ来年夏の参院選から実施となる。



国立国会図書館によると、

データがある約190の国・地域中、

18歳以上に選挙権があるのは約9割を占め、

18歳選挙権は世界の潮流といえる。



2013年10月現在、

日本の18歳、19歳の人口はそれぞれ約121万人だ。



====



この18歳選挙権年齢問題は、

私がニセコ町長時代から関心を持っていたことであり、

国政復帰直後に、私もメンバーの一人となって、

実現の道筋がつけられたことを嬉しく思う。







3)協同組合

全中が、農協への監査権を廃止する

政府の農協改革案を受け入れる方向で

最終調整に入ったと報じられている。



今回の政府提案の内容は、

何のために行うのか、

多くのJA関係者から疑問の声が寄せられていた。



JAが今取組べきことは、

監査権限云々ではなく、

「一人が万人のために万人が一人のため」にという、

協同組合の原点を踏まえた改革を行うことだ。



ところが今回の政府案は、

協同組合機能の強化という視点をすっかり忘れている。



改めて原点に立ち返る必要がある。







昨日は、国会での各種会合に加え、

地元の一次産業関係者、福祉関係など、

たくさんの来客もあり、

さまざまな案件の要望を受けている。



これらの案件に、

事務所を上げて誠実に丁寧に対応して参りたい。



今日は、せたな町、

八雲町で新春の集いが開催される。



そのため現在、車でせたな町に移動中だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2015・2・7

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください