2月11日 その2779『逢坂誠二の徒然日記』(4423)

掲載日:2015.02.11



今日は、早朝から移動を開始して、

都内から八雲町に向かう。



その後、今金町で福原賢孝道議と合同の

新春の集いに参加だ。







1)ODAよ、お前もか

昨日閣議決定された開発協力大綱で、

他国軍や軍関係者の活動のうち、

民生や災害救助など非軍事目的の援助については、

軍事転用の恐れがないことを条件に

容認することを初めて明記した。



さらに援助の目的に、

「国益の確保に貢献する」ことが含まれた。



安倍総理の「積極的平和主義」を

反映させたものと言えるが不安が多い。



====



安倍政権が2013年12月に

閣議決定した国家安全保障戦略に



「ODAの積極的・戦略的活用を図る」



と明記されたが、

この方針に沿って



「国際社会の平和と安定および

 繁栄の確保により一層積極的に

 貢献することを目的として開発協力を推進する」



と定めた。



====



文言だけで見ると、当たり前と

受け止める方もいるかもしれないが、

これはODAの大きな変質を意味する。



各国の軍事に対する日本の関与が

さらに強まるだろう。



この援助が拡大すれば、

援助国と競合・敵対関係にある国を

刺激する恐れが強まったといえる。



安倍総理の言うところの積極的平和主義は、

日本と他国の関係を色分けし対立関係がより鮮明になる。



結果的に、国民が危機にさらされる場面が多くなる。



言葉は平和主義だが、その内容は、

平和とは程遠いものと言える。



国民が望むのはこんなことではないはずだ。







今日も、しっかりと前進します。

============

        2015・2・11

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 2月11日 その2779『逢坂誠二の徒然日記』(4423)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください