2月13日 その2781 『逢坂誠二の徒然日記』(4425)

掲載日:2015.02.13



都内の朝、雲の少ない空が広がっている。



朝の気温は2度。



晴時々曇の予報だ。



日中は9度にまで気温が上がる。







1)政府4演説

昨日の衆院本会議で、政府4演説が行われた。



十分な議論もないままに、

安倍晋三という方の一方的な思い込みだけで、

日本の国柄が大きく変化することを予感させる内容だ。



====





戦後七十年に関し

「本年こそ、『積極的平和主義』の旗を一層高く掲げ、

戦後七十年にふさわしい一年としたい





自衛隊の海外派遣を柱とする積極的平和主義をさらに推進





原子力規制委員会の新規制基準を通れば、再稼働を進める







法人実効税率を引き下げ、

国際的に遜色のない水準へと法人税改革を進める





患者の皆さんの、その申出に基づいて、

最先端医療と保険診療との併用を可能とする





増え続ける介護費用全体を抑制







義務教育における「六・三」の画一的な学制を改革





日本がテロに屈することは決してない。

食糧や医療などの人道支援を拡大する





アベノミクスに関し、規制緩和など成長戦略を推進





JA全中の地域農協に対する監査権限廃止など、

農協改革を断行





TPPは出口が見え、早期の交渉妥結を掲げる





米軍普天間飛行場の辺野古移設は、

日米合意に従って進める



====



集団的自衛権行使容認への言及はないが、

真にやりたいことは直接言わず、

陰でヒタヒタと進めるといういつものやり口なんだろう。

(事実、自公間で、協議が開始されているのだから。)



危うさは内容だけではない。



昨日の安倍総理は完全に高揚していた。



一国のリーダーが、あんなに高揚しては駄目だ。



どんなに熱狂しても、

心の奥底に冷静な部分がなければならない。



そうしなければ冷静な判断ができなくなる。



トップが声を荒げて扇動する。



それに多くの与党議員が大喝采を送る。



これも相当に嫌なことを予感させる場面だ。







2)グレゴリー・ヤツコさん

昨日、アメリカ原子力規制員会の

グレゴリー・ヤツコ前委員長の話を伺い、

核燃料サイクルなどについて質問をさせて頂いた。



その主な話の内容は以下。



====





東電に原発再稼働の可能性があるのはショック





それは事故が問題なのではなく、

その後の振る舞いが問題





彼らには原発再稼働はできない





原発無しに気候変動に対応できないと

多くの国が考えているが、

別の方法があるし、

原発で対応するのも難しい





逆に原発は気候変動の阻害要因





日本はフクシマの事故が起きたので、

現在、多くの二酸化炭素を発生させている





万が一、また事故が起これば、

さらに二酸化炭素をより多く発生させることになる





原発の設計から稼働まで長い時間がかかり

資金的にも不利





その資金を、もっと早く、簡便に、

しかも安く実現できるものに振り向けたほうが有利





原子力は、1940年代、50年代の技術





今後はより分散化した電力システムが重要。

そうすればソーラーや地熱などが普及できる





原子力には多額の利害がある。

東電、東芝、三菱も

別のビジネスチャンスがあると認識する必要がある



==以上、話の内容終了。==



原子力発電について、

古い技術と言い、費用と時間がかかると言い切った。

アメリカの原子力業界の悩みは、原子力のコスト高とも言った。



日本で喧伝されることと180度真逆の内容だ。



核燃料の再処理、MOX燃料などに関しては、

次のようなやり取りとなった。



====



使用済み核燃料の処理は理に叶わない。



膨大な金がかかる。



環境に危険。



原発を何年も使い続けることが前提のもの。



100年後も原子力を使っているはずがない。



再処理は、時間もお金も能力も無駄。



==以上、やり取り終了。==



終了後に名刺交換、そして握手をしたが、

日本が使用済み核燃料の再処理に拘っていることに、

なんとなく呆れている、

そんな雰囲気を感じのは私だけだろうか。



いずれにしても有意義で貴重な出会いとなった。







今日は、国会で仕事をした後、

夕方には札幌に移動だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2015・2・13

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください