2月16日 その2784 『逢坂誠二の徒然日記』(4428)

掲載日:2015.02.16



新しい週の始まりだが、

昨夜から函館市内は激しい風が吹いている。



向かい風では歩くのも難しいほどの、

追い風では歩く気も無いのに押されて体が動いてしまう、

そんな強い風だ。



こんな状態では、

今朝の定例の街宣の実施が危ぶまれる。







1)初春巴港賑

昨日、函館の市民歌舞伎

「初春巴港賑(はつはるともえのにぎわい)」の

37回公演が開催され、

私も口上言いを務めさせて頂いた。



裃と袴をつけての舞台だが、

こんな体験は初めてだ。



落ち着いて、分かりやすく…、

そんなことに心がけつつ本番に臨んだ。



うーん60点の出来だ。



もっとやるべきことがあったと反省しきりだ。



口上終了後、

来年はもっと上手くと思い始めた自分がいたが、

歌舞伎の魅力にすっかりと引き込まれてしまった。



====



口上終了後、

全ての演目を客席でじっくりと拝見した。



例年この会場にお邪魔しているが、

最初から最後まで

全ての演目を見るのは初めてだ。



さすがに37年の歴史だ。



素人なだけにミスをする場面も多いが、

逆にこれが素人なのかと思うほど

レベルの高い演技が随所に見られる。



素人の芸の隙間を見事に埋めたのが、

義太夫と三味線だ。



たった一人の義太夫の曲節まわし、

たった一棹の三味線の音色。



演技者のセリフや所作を見て、

絶妙のタイミングで音が入る。



これが舞台全体を貫く柱となっている。



見事というほかはない。



舞台終了後、

出演者の皆さんとの懇親会にも出席した。



ここでも皆さんと、

歌舞伎について色々な話をさせて頂いた。



昨日午後は歌舞伎三昧の一日だった。







今日は13時から衆院本会議だ。



朝の街宣、ドクターヘリ就航式に出席後、

上京の予定だが、強い風が未だに吹いており、

ちょっと心配だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

        2015・2・16

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください