2月23日 その2791 『逢坂誠二の徒然日記』(4435)

掲載日:2015.02.23



昨夜の雨が上がり、今朝はプラスの気温だ。



日中は晴時々曇の天候。



予想最高気温は7度程度だ。



昨日は、知内、鹿部、八雲を回り、

帰函後、街宣、さらにいくつかの会合に出席している。



フル回転の週末だった。







1)文民統制が棄損される



防衛省設置法に重要な規定がある。



====



第12条

官房長および局長は、その所掌事務に関し、

次の事項について防衛大臣を補佐するものとする。





陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊

または統合幕僚監部に関する各般の方針

および基本的な実施計画の作成について

防衛大臣の行う統合幕僚長、陸上幕僚長、

海上幕僚長または航空幕僚長に対する指示





陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊

または統合幕僚監部に関する事項に関して

幕僚長の作成した方針

および基本的な実施計画について

防衛大臣の行う承認





陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊

または統合幕僚監部に関し

防衛大臣の行う一般的監督



=====



この規定があるから、

内部部局(内局)の背広組(文官)が

制服組自衛官より優位を保つことになっている。



つまり文官統制が可能になっているのだ。



旧軍が暴走した反省から、

1954年の防衛庁、自衛隊発足時に、

設けられたのが文官統制。



制服組の政治への介入を阻むため、

文民統制が日常的に行われるよう

文官が関わる考え方であり、

その根拠になっていたのが第12条だ。



ところが今般、

防衛省がこの12条を改正し、

背広組と制服組を並列にするという。



これは信じられない改正だ。



各国の防衛組織を見ていると、

制服組と文官を並列におけば、

制服組のウエイトが高まる可能性を帯びている。



制服組は文官よりも軍事の現場や作戦に詳しい。



だからどうしてもそうした傾向が生まれるのだと思う。



文官を制服組よりも優位に置くことで、

何とか文官と制服組のバランスが取れるのであろう。



今回、自衛隊の作戦を制服組主体に改める

「運用一体化」も改正法案に盛り込むという。



これで背広組が制服組をコントロールする

「文官統制」の規定が全廃されることになり、

万が一、制服組が暴走しようとした際に、

阻止する機能が低下するおそれがある。



====



これは酷い話だ。



国家安全保障会議、

特定秘密保護法、

そして文官統制の廃止となれば、

文官が軍事的な決定に関われなくなる可能性がある。



ただでさえも安倍総理は、

平和主義から武力中心主義へと向かっている。



政府の軍事的分野から文官が排除され、

特定秘密扱いされたら、

文民統制(シビリアンコントロール)が

大きく棄損することになりかねない。



安倍総理は、

この国を一体どこに導こうとしているのか、

全く理解不能な状態になっている。



声を上げねばならない。







今日も、しっかりと前進します。

============

        2015・2・23

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 2月23日 その2791 『逢坂誠二の徒然日記』(4435)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください