3月8日 その2804 『逢坂誠二の徒然日記』(4448)

掲載日:2015.03.08



今日は、午前5時の朝起き会席から活動開始だ。



そのため日記は、一度帰宅してから。



====



函館は青空の広がる爽やかな朝だ。







1)安全

改めて一昨日の予算委員会質疑を振り返っている。





原発稼働に関する総理の発言は以下。



====



世界で最も厳しい水準の規制基準を策定している・・・、

こうした基準への適合状況を

原子力規制委員会がしっかり確認することで、

再稼働に求められる安全性は確保されているものと考えています。



(参議院予算委員会 平成26年10月7日)



====



一方、原子力規制委員会委員長の発言は以下。



====



新しい規制基準に基づいた適合性審査を行ってきたので、

その結果について判断を尊重していただくのは結構だと思います。

だけれども、だからといって

それで再稼働の十分条件ではありませんし、

私たちはそのことで全部、絶対安全、

ゼロリスクということは申し上げていません



(原子力規制委員会委員長定例記者会見 平成26年11月26日)



====



原子力規制委員会委員長は、

規制基準に適合しても絶対安全ではないと言っている。



だが総理は、安全性は確保されていると言い、

稼働するという。



この溝をどう埋めるのかが政治の役割だが、

総理は、この点を明確に答えようとはしない。



たとえば次の二つの対策などが必要だ。



万が一の事故を想定し、

その際に関係地域の住民の皆さんの命を守るための

有効な方策(避難計画など)を樹立すること。

(これが樹立できなければ稼働できない。)



その上で、関係自治体の同意を得ること。

(同意できなければ稼働できない。)



====



こうしたことを議論するのが政治の役割だと思うが、

総理は、こうした点を曖昧にしたまま

稼働前提の発言を繰り返している。



これは政治の無策だ。







今日も密度の濃い、一日だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・8

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月8日 その2804 『逢坂誠二の徒然日記』(4448)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください