3月9日 その2805 『逢坂誠二の徒然日記』(4449)

掲載日:2015.03.09



夜明け前の函館は、静かな雰囲気だ。



雨も風もないが、夕方には雨になる見込みだ。



今日は、朝の市場回り、

その後、定例の街宣を行って、国会に向かう。



午後には、総務委員会で、

NHKの籾井会長に質問をする予定だ。







1)軍事大国化

先日、自民OB代議士から、

安倍内閣を放置しておくと、

軍事大国化するとの懸念を聞いた。



この方は、いわゆる国防族であり、

現職時代は、

防衛に関し積極的な考えを表明していた方だ。



ところがその方から見ても、

安倍内閣は異常だというのだ。



逆に防衛に詳しいからこそ、そう思うのだろうと思う。



安倍政権の軍事偏重は異常ともいえる様相を呈している。



国家安全保障会議、特定秘密保護法、武器等の輸出、

集団的自衛権行使容認、軍の民生事業に対する国際支援開始、

そして文官統制の廃止。



細かく調べると、安倍政権が、

軍事面で取り組んでいることはもっと多いだろう。



====



今回、文官統制を廃止する法案が、

閣議で決められた





文官統制は、文民統制を構成する一部だ。



しかしこれを廃止することで、

防衛省内の統制機能が弱まれば、

制服組の暴走に対する抑止力が低下する。



さらに政治家の意向で意図的に

自衛隊を運用できる恐れも生ずるのは明らかだ。



文官統制廃止の中で、自衛隊OBが衛大臣に就任すれば、

制服組の優位は一層強まるだろう。



安倍政権は、後戻りのできない道を歩んでいるが、

国民の皆さんには、この恐ろしさが伝わっていない。







今日は函館と東京で、

いつも以上に密度の濃い一日だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・9

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月9日 その2805 『逢坂誠二の徒然日記』(4449)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください