3月11日 その2807 『逢坂誠二の徒然日記』(4451)

掲載日:2015.03.11



東日本大震災発災から今日でまる4年だ。



長いようにも、短いようにも、

いいようのない4年間だ。



当時私は、総務大臣政務官として、

自治行政と消防を所管する立場で、

震災対応に当たった。



統一地方選挙の直前であり、

選挙を予定通り行うのかどうかをはじめ、

あらゆる分野において、

平時とは全く違った対応が求められていた。



あまりにも多くの出来事があり、

今振り返っても、信じられないことばかりだ。



この節目の日を迎えるに当たって、

多くの尊い命が失われたことを改めて思い起こし、

心より哀悼の意を表する。



また、今なお避難生活を強いられている皆さま、

仮設住宅で暮らしておられる皆さまをはじめ、

すべての被災された皆さまに、

心よりのお見舞いを申し上げる。







1)日本と原発 その2

映画『日本と原発』(河合弘之監督)の内容から。



====



浪江町請戸地区は、

原発から10キロ圏内のため、避難指示区域になった。



うめき声、クラクションの音が聞こえ、

生きている人がいるのは確実だ。



だが放射線のために津波被害者の捜索ができない。



(こんなシーンの最後に、河合弘之監督が次のように語る。)



====



肉体的、精神的、経済的、

全人格的被害を国民に与えといて、

東京電力は、これをどうやって償うんだ?

思いました。それはやっぱり、

それなりの罪を受けていただくしかない。

それでも、償うことは出来ないけども、

こんな事にしてしまった東京電力の役員を

このまま放置することは、

本当に正義に反するという風に思いました。

私たちは、この正義を貫くことから、

日本中の原発を無くしてゆくまでの闘いを

今日も明日も、

ずーっと続けなければいけません。



====



河合監督の熱い思いが語られて、

映画がスタートする。



原発事故は、

被害者の捜索もできない状況を作り出すと同時に、

原子炉に近づけなければ事故の原因究明もできないのだ。



映画『日本と原発』は、多くのことを教えてくれる。







2)メルケル首相

ドイツのメルケル首相が、

2日間の訪日を終えて、

昨日午後、羽田からドイツに帰国した。



日本とドイツは、敗戦国。



小国であるが技術などを基本とした、

経済規模の大きな国。



地理的位置は違うが共通点の多い国だと言われる。



しかし、決定的に違っていることが、少なくとも二つある。





原子力をはじめエネルギー問題への対応





戦後対応



====



今回の来日でも、

このことが明らかになった。



安倍総理とメルケル首相の共同記者会見、

さらにはメルケル首相の

国内での講演・発言をみればそれは一目瞭然だ。



この二日間、この違い目の前にして、

総理には日本は何をすべきなのかを、

改めて考えて頂きたいと思うが、

この点については、総理は興味が無さそうな雰囲気だ。



日本の進むべき道は何か、

ドイツの歩みから学ぶべきことは多い。







今日午後、国立劇場で、政府が主催する

東日本大震災追悼式に出席予定だ。







昨日から、都内は急速に温度が下がったが、

今朝も2度と寒い状態が続く。



今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・11

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください