3月14日 その2810 『逢坂誠二の徒然日記』(4454)

掲載日:2015.03.14



昨夜、午後7時まで衆院本会議があった。



そのため今日は、朝の飛行機で函館に帰る。





1)39回オープンミーティング

本日、第39回オープンミーティングを開催する。



私が国会情勢の報告などを行ったのち、

ご参加の皆様からご意見・ご質問をお伺いし、

意見交換をする。



参加費や予約は不要でどなたでも参加可。



はじめての方でもお気軽にご参加を。



日時:3月14日(土)15:30〜17:00

会場:美原町会館(美原3-5-16)







2)新年度予算

昨日、新年度予算が衆院を通過した。



課題が多すぎる予算だ。



株価が高く安定しているかのように見えるだろうが、

現実は違っている。



詳細は、後日書きたいと思うが、

不安倍増というのが本当のところだ。



不安倍増の安倍内閣と揶揄するマスコミもあるが、

日銀の対応など、綱渡り状態だ。







3)原発の避難計画

昨年の総選挙では、

大間原発を凍結させるための具体的方策として、

次の二つのことについて言及した。





有効な避難計画が策定できない場合は、

原発の稼働できないこと





自治体の同意が得られない場合は、

原発の稼働できないこと



現在、これら法案化の作業を進めている。



同意のための法案は、

私の事務所で法案化の作業を進めており、

先月の定例記者会見で発表させて頂いた。



避難計画に関する法案は、

民主党のエネルギー環境総合調査会で、

法案化作業を行っている。



いずれの法案も、重要なものであり、

なんとか成案化して、次のステップに進みたい。







4)日本と原発 その5

映画『日本と原発』(河合弘之監督)の内容から。



====



映画の中で、

当時の原子力委員長、近藤駿介氏が作成した

通称「最悪シナリオ」が紹介されている。



次にその下りを紹介する。



====



(最悪シナリオ)

震災から2週間後の3月25日、

菅総理大臣に提出されていました。



かろうじて建屋の爆発までにとどまっていた1号機の原子炉では、

溶け落ちた核燃料が冷却できず、

原子炉格納容器内に水素が充満し爆発を起こします。



放射線量が極めて高くなるために事故処理にあたる作業員が、

福島第一原発から撤退せざるを得なくなります。



そのために、

2号機、3号機の破壊が進むばかりではなく、

4号機建屋内の

使用済み核燃料プールへの冷却水がなくなり、

1500本を超える燃料集合体が燃えだします。



結果的に1号機から4号機までの

全ての核燃料から想像を絶する量の放射性物質が拡散してゆき、

原発から半径170km内の市民は強制的に避難を余儀なくされ、



北は盛岡、南は横浜までにもおよぶ

半径250kmが避難対象地域となる、

国家壊滅の危機が予測されていました。



==以上、紹介終了==



これは非現実的な想定ではなく、

一歩間違えば、こんな事態もあり得たのだ。



改めて言うまでもなく原発事故は、

これほどまでに恐ろしいことなのだ。



万が一、最悪シナリオの通りになっていれば、

今の日本はなかったと思う。







今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・14

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください