3月16日 その2812 『逢坂誠二の徒然日記』(4456)

掲載日:2015.03.16



夜明け前の今朝、気温は高い。



1度程度だろうか。



今日は、定例の朝食会だ。



水曜日の朝の開催が難しくなったため、

今後は月曜に実施をすることとした。



昨日は、見付宗弥道議候補予定者の

総決起大会に出席した後、

市内の挨拶回り、街宣を行った後、

札幌に移動し、会合に出席した。



その後、最終電車で帰函し、

今日も朝から地元でフル回転だ。







1)バーゼル委員会

銀行から借金すると、銀行は貸し倒れに備えて、

借り手の状況に応じた

貸倒引当金を積むのが通常のルールだ。



ところが国が銀行から借金をしても、

銀行は貸し倒れ引当金を積む必要がない。



国は、貸し倒れのない、

信用できる相手だというのがその理由だ。



ところがこのルールが変わるかもしれない。



====



世界の金融当局者で構成する

バーゼル銀行監督委員会が、

国債を保有する金融機関に

自己資本の積み増しを求める議論が

過熱しているというのだ。



前述したとおり国債は、

信用度が高くリスクゼロだとされていた。



この国債を、リスク資産に変更するという議論だ。



そうなれば、多額の借金(国債)を抱え込む日本は

大変なことになりかねない。



====



国債がリスク資産に分類されると何がおこるのか。





銀行は損失に備えて増資や融資縮小が必要





銀行が増資の代わりに

保有国債を売却すれば長期金利の上昇



====



つまりどの選択肢であっても良いことではない。



日本の銀行全体の保有国債は128兆円あまり。



日銀の保有残高は272兆円まで膨らんでいる。



銀行が放出した国債を、さらに日銀が引き受けると

事実上の財政ファイナンスとなり日本国債の信用は落ちる。



そうすれば金利上昇、つまり国債暴落リスクが増すことになる。



金利上昇は、財政面では、利払い歳出が増高し、

歳入が追い付かない状態、

財政の拡散がおこるかもしれない。



金利上昇で、円の信用が急落するおそれがある。



異次元の金融緩和をいつ終了すべきか、

日銀はその戦略を描けない状態に入っている。



安倍総理の鳴り物入りの派手すぎる経済政策は、

予想通り崖っぷちに立たされている。







2)日本と原発 その7

映画『日本と原発』(河合弘之監督)の内容から。



東京電力の清水社長は国会で次のように証言している。



「津波に関して申し上げますと、

これまで14〜15mという 

今回の、津波の大きさというのは、

これは想定はできませんでした」



しかし映画の中では、想定できないどころか、

想定を握りつぶしていた事実が明らかにされている。



==以下、映画より==



震災より3年前の平成20年夏。



東電の土木調査グループは、

福島第一原発に15.7mの

津波が到来する可能性を試算していました。



この報告を受けた経営陣は、

一旦は対策を検討しましたが、

巨額の費用と時間を要するために、

握りつぶしたのです。



更に、この想定が

原子力安全・保安院に報告されたのは、

試算から2年半後の平成23年3月7日。



震災の4日前でした。



そして、試算の通り、

想定通りの、15mの津波に襲われ、

重大事故の主な原因となったのです。



==以上、映画からの引用終了==



大きな津波が来ることを想定し、

その対策を怠り、

その想定を握りつぶしたのであれば、

これは犯罪ともいえる事実なのではないか。



このことは

『原発と大津波 警告を葬った人々 』

(添田孝史・岩波新書)でも指摘されている。







今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・16

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月16日 その2812 『逢坂誠二の徒然日記』(4456)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください