3月21日 その2817 『逢坂誠二の徒然日記』(4461)

掲載日:2015.03.21



昨夕、帰函の予定だったが、

仕事の都合で、今日朝の帰函となった。



今日は函館から八雲方面を回る予定だ。



春分の日。



都内は完全に春の雰囲気だが、

函館の今朝はまだ氷点下になっている。







1)

自民、公明両党が、

安保法制の基本方針ついて正式合意した。



自民のブレーキ役になることを期待されていた公明党だが、

あっさり兜を脱いだ印象だ。



日本の専守防衛を基本とする

平和主義の大転換につながる決定だ。



立憲主義に反するとの批判の多い、

憲法解釈の変更を基本とする今回の合意は、

日本の将来に禍根を残すことになり兼ねない。



====





現在、自衛隊が武力行使できるのは、

日本が直接攻撃を受けた場合だけ





海外での活動は、

朝鮮半島など日本周辺の有事の際、

周辺事態法に基づき、

補給や人員輸送など

米軍への後方支援をすることや、PKOに限定





PKOには「参加5原則」があり、

武器使用は自己防衛のためだけ



====





新たな法制では、他国への攻撃でも、

日本の存立が脅かされ、

国民の生命、自由、幸福追求の権利が

根底から覆される「明白な危険」があると政権が判断すれば、

集団的自衛権による武力行使ができる





周辺事態法も改正し、日本周辺に限らず、

遠く離れた場所へも派兵が可能





自衛隊が戦争中の他国軍に

いつでも後方支援できるように恒久法を制定





物資補給や人員輸送のほか弾薬の提供も可能





支援対象は、米軍だけでなくオーストラリア軍などにも広げる





戦闘参加者の捜索や救助も可能





米国中心の有志連合など

国連が主導しない人道復興支援や治安維持活動にも参加可能





武器使用基準を緩め、任務遂行のための武器使用も認める



====



以上のように大幅な変更となるが、

憲法9条の考え方がなし崩し的に壊れていく。



日本を攻撃していない国に対して、

攻撃することはできることになるが、

こんなことをして日本が平和でいられずはずがない。







2)日本と原発 その11

映画『日本と原発』(河合弘之監督)から。



河合弁護士は、日本が原子力発電に拘る、

第二の理由について述べている。



これは第二の理由ではなく、

真の理由かもしれない。



==以下、抜粋引用==



次にですね、日本が原発を始めた第2の理由、

影の理由について申し上げます。



プルトニウムを取り出して、

それを扱う能力を蓄えておくことによって、

核兵器の開発能力を

密かに持っておきたいという欲求がありました。



当時の政府にはそういう欲求が確実にあったのです。



しかしそのことを言うと、当時の平和勢力に叩かれますので、

そのことは完全に伏せていたのです。



伏せていても、この自己完結型永久エネルギー構想で、

原発の推進がどんどん上手くいっていたので、

敢えてこの核兵器の開発能力ということを

言う必要がなかったのです。



ところが、3.11の事故が起きて、

原発が日本からなくなりそうだということになった時に、

この核兵器開発能力を重視する勢力は、

一斉に言い始めました。



”この核兵器開発能力を持っていることが、

核抑止力になるんだ”と。”



従って、これを失ってはいけない、

だから原発を止めてはいけないんだ”ということを、

あからさまに言うようになったのです。



それは、新聞で言うと読売新聞とか自民党の石波さんとか、

それから前回都知事選挙に出た田母神さんなんかが、

そういうことをあからさまに主張するようになりました。



しかし、世界で唯一の被爆国である日本の国民としては、

核兵器開発能力を持って、

いざとなれば核兵器をつくるんだというようなことは、

到底許されることではないんではないかというふうに、

私は思います。



==以上、引用終了==







今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・21

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月21日 その2817 『逢坂誠二の徒然日記』(4461)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください