3月22日 その2818 『逢坂誠二の徒然日記』(4462)

掲載日:2015.03.22



函館は、春の雰囲気が漂う朝だ。



昨日は、早朝に帰函し、函館中心部から活動を開始し、

南茅部、森、八雲を回り、

再度、函館に戻る密度の濃い一日だった。



今日も予定がギッシリだ。







1)日本と原発 その12

映画『日本と原発』(河合弘之監督)から。



安倍総理は、次のように述べている。



「福島の事故の教訓を踏まえて、

安全を確保して行くことが大前提であります。 

独立した、原子力規制委員会が

世界で最も厳しいレベルの規制基準に基づいて、

徹底的な審査を行い、

これに適合すると認められた原発について、

再稼働を進めて行く方針であります」



この言葉には、いくつかの問題点がある。





原子力規制員会の規制基準は、

世界で最も厳しいものではないこと





規制基準をクリアしても、

絶対安全ではなく事故が起きるということ

(特にこの点は、

原子力規制員会の田中委員長が繰り返し述べている。)



==以下、映画からの引用==



2014年11月現在、

日本の全ての原発は止まっています。



政府は、地震や津波に備える新規制基準に

適合した原発を再稼働させようと目論んでいます。



しかし、原子力規制委員会が作った新規制基準とは、

安全を約束する基準ではないのです。



====



<青木秀樹氏対談:新規制基準の欠点>



河合

「新規制基準のね、欠点っていうのはどこですか?」



青木

「万が一の事故が起きたとしても、

周辺の公衆に著しい放射線障害を与えないようなとこに

立地しなさいという、最後の安全基準」



河合

「最後の、もしくは最初の安全基準」



青木

「最初だけども、

目をつぶっちゃったような主旨、基準になっている。

原子炉があって、万が一ここが事故が起きても、

この周辺の非居住区域範囲内でなんとかカバーできて、

更に大きな事故があったとしても、

その周辺を低人口地帯にすることによって、

その被害をできるだけ少なくすると」



河合

「それをやらない構造になっちゃったっていうことですか?」



青木

「今のところなんとなくそんなことをしてますよね。

何を言っているかと言うと、”シビアアクシデントが上手くいけば、

こんなこと考えなくていいじゃないか”

ということだと思うんですけど」



河合

「なんだ、それおかしくない?」



==以上、引用終了==



原発は、

万が一の事故が起きる可能性があることは、

専門家が認めている。



その際に、多くの人に被害が及ばないような

地域に立地することが大事なのだが、

その点が担保されていないのだ。



日本の原発立地は、

そもそもの出発点が間違っている。







今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・22

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください