3月26日 その2822 『逢坂誠二の徒然日記』(4466)

掲載日:2015.03.26



今日は、早朝のうちに帰函し、

昼の本会議に間に合うように再上京する。



そのためいつもよりも1時間早く、

朝の活動を開始している。



今朝も書きたいことは多いが、

午前5時前に移動開始のため、

映画『日本と原発』の一部紹介のみで終了する。







1)日本と原発 その15

映画『日本と原発』(河合弘之監督)から。



河合弘之監督は、

「原発を一般の科学・技術の

進歩論にあてはめてはいけない」と指摘している。



これは重要な指摘だ。



以下に、その説明の概要を引用する。



====



原発推進の人達が言う、

原発擁護論の1つを説明します。



科学・技術の進歩の

一般論ということになります。



科学技術というのは、まず発明発見がある、

そしてそれが実用化される。



しかし、どこかで事故や失敗が起きる。



その原因を究明し検証する。



それに基づいて改善をして進歩していく。



その繰り返しで科学や技術が進歩してきた。



だから、たった1回の原発事故で

諦めちゃいけないということを言う。



でもそれは、科学技術進歩の一般論、

即ち航空機や自動車の場合などと

原発を混同する間違えた理論だと考えます。



====



原発の場合被害が無限定、

場所的にも、それから時間的にも無限定で、

そして不可逆、元に戻らない損害なんです。



それは、チェルノブイリだとか

福島原発の事故とかを見れば明らかなことです。



それは、種の死をもたらす危険があるんです。



種の死というのは、

人類全体を滅ぼすかもしれないということです。



それぐらい大きな被害になる恐れがあるんです。



他方、一般理論が当てはまる

航空機や自動車の場合は、どんなに被害が大きくても、

個の死にしかいきません。



飛行機事故で数百人死んだりすることがあります。



そのことは大変悲しいことですけども、

それが人類の真の危険を引き起こしたり、

国が滅亡する危険を引き起こしたりすることはないのです。



もう1つ、原発と航空機、自動車などが違うのは、

事故の原因究明ができないということです。



原発の場合、事故の原因究明が極めて困難で、

現場での検証がほとんどできません。



それは放射能のためです。



現に、福島原発でも、

現場検証は未だに行われていない。



検察庁も警察もそれができない。



そういう状況にある。



従って、本当の事故の詳細がわからない、

だから改善の方法も

わからないということになります。



そういう意味で、科学・技術進歩の一般論を、

原発に当てはめることが誤り、ということが、

お分かりいただけたのではないか。



== 以上、引用終了 ==







今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・26

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください