3月29日 その2825 『逢坂誠二の徒然日記』(4469)

掲載日:2015.03.29



昨日は、福原賢孝道議とともに、

桧山管内回りをしている。



夕方には、函館に戻り、

いくつかの行事に出席した。







1)国政の課題も

統一地方選挙がスタートしている。



今回の選挙は地方創生が争点だという。



本当だろうか。



地域の活性化をどうするかは、

自治の現場では日常的に議論され、

さまざまな取り組みが行われている。



だから地方の課題をどうすべきが争点になるのは、

いつの統一地方選挙も当たり前のことだ。



これは何も今回の選挙に限ったことではない。



ことさら今回の選挙で

地方創生を争点化することに違和感がある。



====



今回の選挙は、

地方選挙ではあるが、

結果によっては、

国の政策に大きな影響を与えることになる。



安倍総理は、原子力稼働を進め、

集団的自衛権行使を

可能にする法律を成立させたいという。



今回の統一地方選挙で、

与党系の候補が勝てば、

この総理の思いに拍車がかかる。



逆にいうと、大間を止め、

集団的自衛権の行使を認めないならば、

与党系の候補に投じてはならないということだ。



実は、今回の選挙の真の争点は、

安倍政権を認めるか、認めないかだと思う。



安倍政権の政策に否定的な方は、

野党系候補に一票を投ずるべきだ。







2)日本と原発 その18

映画『日本と原発』(河合弘之監督)から。



福島第一原発は、

そもそもの立地場所が間違っていた。



このことが映画の中で指摘されている。



==以下、映画から引用==



福島第一原発というのは、

高さ30メートル以上の高台のところを、

実は20メートルも掘り下げて建てている。



掘り下げた工事の段階から、地下水が出てきて、

その地下水を海に逃すための井戸を掘ったり、

ポンプを付けたり、そういうことを建設当初からやっていた。



この原発が事故を起こした後も、

地下水の問題を処理しないと大変になることは、

最初からわかっていたこと。



福島第一原発は、丘の麓に位置しています。



降った雨は、地中に浸透して地下水となります。



毎日400トンほどの地下水などが、

発電所建屋内に流れ込み、汚染されています。



汚染水は、発電所内に溜めなければならないことから、

汚染水の浄化と管理への対策は、

ますます重要になっています。



====



たくさんタンクが建ち並んできているわけですけれど、

のタンクの作り方に大きな問題があったと思います。



仮設タンクなんですね。



長期間使うことは全く予定していなくて、

数年で用を足さなくなる、漏れ出てしまう。



基礎に亀裂がきたり、地盤の沈下が起きたり、

こういうことが最初から起きていた。



==以上、引用終了==



一日400トンも地下水が出るような

不適切な場所に立てたのが福島第一原発。



一日400トンの汚染水を貯めるタンクは、

仮説だが、長期間使わざるを得ない。



そうなれば当然、劣化してくる。



汚染水の増加とタンク管理は、

まさに自転車操業状態と言える。







2)もう限界だ

NHKの籾井勝人会長が、

3月10日の経営委員会で、



「経営委員会後の記者ブリーフィングで、

個人的な意見はぜひ控えていただきたい」



と要請をしていたことが、

27日に公表された同委員会の議事録で明らかになった。



====



籾井会長は就任以来、問題発言を繰り返しているが、

そのたびに真意が伝わっていなかったなどと

言い訳を繰り返している。



以下は、NHKホームページから引用だ。



「経営委員会は、

会長以下の役員に対する目標管理・業績評価を行い、

評価結果を処遇に反映させるなど、

執行部に対するガバナンスを強化し、

監督を行っています。」



経営委員会は、会長などの監督を行っているのだ。



その経営委員会を牽制するような発言を会長が行うことは、

完全な越権行為だろう。



籾井会長は、相変わらず自分の立場が分かっていない。



籾井さんが、NHKの留まるのは、

もう限界状態になっている。







今日は終日、函館市内を飛び回る。



今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・29

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 3月29日 その2825 『逢坂誠二の徒然日記』(4469)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください