3月31日 その2827 『逢坂誠二の徒然日記』(4471)

掲載日:2015.03.31



昨日は、月曜日だが、

暫定予算に関する本会議が開催された。



そのため朝の街宣は、

函館駅前一ヶ所のみので実施し、

その後、即、上京となった。







1)アジアインフラ投資銀行(AIIB)

アジアインフラ投資銀行への参加国が増えている。



今日までに参加すれば「創始メンバー国」になれ、

銀行づくりの具体的な議論に参加できることになる。



そのためこの時期に参加を表明する国が多い。



日本とアメリカは、

アジア開発銀行(ADB)を主導している。



そのため日本とアメリカは、AIIBに参加表明していない。



AIIBは、ADBでは賄いきれない

アジアにおけるインフラ整備のための資金ニーズに、

代替・補完的に応えるということを目的として、

中国が設立を提唱したものだ。



一昨日までに、イギリス、ドイツ、フランス、

オーストラリアなど42ヶ国が参加表明をしているが、

この流れに本が乗るべきなのどうか最後の局面に来たが、

AIIBの透明性などについて懸念があり、

日米は参加を見送る見込みだ。







2)日本と原発 その20

映画『日本と原発』(河合弘之監督)から。



原発が「トイレの無いマンション」と言われるのは、

使い終わった後にも強い放射線を発し、

厳格な管理が必要な「使用済み核燃料」の

処理ができないからかだ。



現在、日本には、この使用済み核燃料が

1万7千トンあると言われている。



映画の中でも、

この使用済み核燃料問題に言及している。



==以下、引用==


震災の影響で建屋の崩壊が危ぶまれる福島第一原発4号機では、

使用済み燃料の取り出しに大きな注目が集まりました。



使用済み燃料から有害な放射性物質が消えるまでは、

10万年もの期間を要するといわれています。



この危険極まりない産業廃棄物の処分方法は

世界的に未だ確立されていません。



日本では使用済み燃料を再処理する方針をとっており、

その際に生まれる高レベル放射性廃棄物をガラス固化し、

地下深くに埋めて処分しよう計画しています。



しかしその場所は、どこにも決まっていません。



フィンランドには、

世界で唯一の使用済み燃料処分場・オンカロがあります。



ここでは日本のような再処理をせず、

使用済みの燃料集合体を直接金属の容器に入れて

地下深くに埋める処分方法をとっています。



フィンランドがこの方法をとった理由は、

地層が固い岩盤でできていることから

数億年単位で地盤に変化が起きていないためです。



世界的に見てもこのように安定した地層は珍しく、

地震多発国の日本には存在しません。



原発の使用済み燃料問題は

「トイレなきマンション」と例えられる

解決策の見つからない問題です。



原発を稼働することで増え続ける使用済み燃料を

人類の負の遺産として

後世に残すことは許されることではありません。



==以上、引用終了==



使用済み核燃料問題は、

原発の根本的な課題の一つだ。







東京は桜が満開だ。



いたるところで桜を見ることができる。



今日は議員会館で打ち合わせをした後、

帰函し、夕方には再度上京の予定だ。



今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・3・31

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください