4月2日 その2829 『逢坂誠二の徒然日記』(4473)

掲載日:2015.04.02



今日はいつもより一時間早く、会合が始まる。



そのため、議員会館への移動も早い。



今朝も気温は10度に近い。



日中は18度程度になると見込まれる。



晴時々曇の予想だ。



====



春のセンバツ、東海大四高校は、

惜しくも決勝で敗れてしまった。



それでも準優勝は凄い。



北海道勢にとって52年ぶりの快挙だ。







1)理不尽

政府は5月15日頃にも、

安保法制を閣議決定するという。



この安保法制は、

昨年7月1日閣議決定された集団的自衛権行使容認を

具現化する内容だ。



====



昨年からずっと心配していたことが現実のものとなる。



あの閣議決定は、違憲のおそれがあり、

立憲主義に反する可能性が極めて強い。



これを内容とする法案が国会に提出されるわけだ。



違憲のおそれが強い法案が国会に提出されたときに、

その内容を審議すべきなのかどうかだ。



審議しなければ、政府与党は、

野党の審議拒否だといって我々を批判するだろう。



しかし中身の審議に入れば、

相手の土俵に上がってしまうことになり、

どんな安保法制が良いのかの議論に

引きずり込まれてしまう。



そもそも、そんな内容を議論したくないと思っても、

無理やり内容の審議をさせられるのだ。



安保法制については、

現状変更をしたくないと思う考え方もあろうと思うが、

違憲の恐れの強い法案であっても、

対案を出せなどの意見が湧き上がる。



そうなることは相手の思うつぼなのだが、

来月以降、そんな雰囲気が強まってしまう。



昨年から懸念していたことが現実のものとなるるが、

どう対処すべきか、改めて知恵を絞らねばならない。







2)日本と原発 その22

映画『日本と原発』(河合弘之監督)から。



安倍総理は、原発再稼働の理由の一つに

化石燃料の輸入による国富流出を上げている。

河合監督は、これにも異論を唱えている。



その下りを抜粋で紹介する。



==以下、抜粋引用==



全原発停止すると、

化石燃料の輸入代金が非常に増える。



その増えてる金額が3兆6千億だと。



毎年これだけ国費が流出してるんだ。



ギリシャみたいになるぞ、債務超過国となって、

日本の経済は崩壊するぞと、

いうようなことを(安倍総理は)言っているんです。



確かに3兆6千億ぐらい増えてるんです。



その原因の多くは円安と、

それから化石燃料自体の価格上昇によるもの。



その分を差し引くと、

実は全原発停止していることによる輸入代金増は

1兆5千億ぐらい。



3兆6千億にしても、それから1兆5千億にしても、

日本の経済力全体から比べると、

大した数字ではないのです。



日本のGDP、即ち国内総生産は、

1年間で500兆円あります。

500兆円を生み出すために、

3兆6千億とか、1兆5千億がコストとして

増えたというのに過ぎない。



ですから、0.6%程度のコスト増に過ぎません。



数字的に見ると、決して大きい数字ではない。



また、この3兆6千億や1兆5千億が、

税金で賄われているわけではないんだということを、

よく認識してもらいたい。



何によって賄われているかと言うと、

日本国の日本の経済全体によって

賄われているんだということを理解してもらいたい。



日本の国富の流出だと、こう言いますけども、

日本の国富は3千兆円もある。



国富というのは、日本の資産から負債を引いた、

純資産のこと。



その3千兆円の内の

3兆6千億や1.5兆円を削り出すことによって、

日本の国の安全が当面守られるんであるとすれば、

それは決して高いコストとは言えない。



安倍さんは、この3兆6千億という

一見大きな数字を強調して、

国民を、脅していると言っても差し支えない。



==以上、引用終了==



河合監督は、

GDPを500〜600兆円と言っているが、

日本のGDPは500兆円程度なので、

その部分の引用は修正をした。



しかし純資産3兆年円のうちの3兆余りのコストといえば、

さほどの多さではないとの指摘は、感覚的には良く分かる。



それで日本の安心が当面守られるなら、

それは高いコストではないといえるだろう。







今日も予定がギッシリだ。



今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・4・2

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください