4月5日 その2832 『逢坂誠二の徒然日記』(4476)

掲載日:2015.04.05



函館は曇の朝だ。



午後には雨になる見込みで、

最高気温は7度程度と予想されている。



昨夜の皆既月食、函館は薄い雲に覆われて

あまりクリアに見ることはできなかった。



残念。







1)道議選挙

昨日は、桧山管内で、

福原賢孝道議候補の選挙カーに同乗して

今金、せたな両町を回っている。



今回の道議選挙は、

地域の皆さんの声を聞いていると、

単なる自治体の選挙ではないことを強く感ずる。



道議選挙だから、

北海道や地域の活性化を望む声や、

衰退する地域を何とかして欲しいとの思いは強い。



これは当然のことなのだが、

有権者の皆さんからは、

こうした争点では釈然としない雰囲気を感ずるのだ。



地域の問題以上に、有権者の皆さんの中に、

安倍政権に対する不安が広がっているのだと思う。





自衛隊の海外での活動の拡大や

日本を攻撃していない国に対する日本の武力行使





性急な憲法改正





3.11前と同様な原子力への傾斜





TPPに対する不安





農協と地域農業の将来への不安



====



こんなことをはじめとして、

安倍政権に対する

言い知れぬ危機感があるのだろう。



しかし今回は地方選挙であり、

これらは国政のこと。



だから今回の選挙が盛り上がらない。



だがしかし、今回の統一自治体選挙で、

安倍政権に対して打撃与える方法がある。



それは、与党系の議員を

少しでも多く当選させないことだ。



自治体の選挙だから、

本来は、自治体の課題をどうするかの価値判断で

一票を投ずるのが当然だ。



だがしかし、今回の選挙は、そうした価値判断ではなく、

与党議員を少しでも減らすことを目的に

一票を投じて欲しいと思う。



そうすれば有権者の皆さんの多くが感じている

安倍政権に対する不安を

少しでも払拭することが可能になるだろう。



====



今回の統一地方選挙の大きな目標は、

少しでも多くの与党系議員を

当選させないことだ。







今日は、終日、

函館市内で三道議候補の応援に入る。



今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・4・5

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください