4月9日 その2836 『逢坂誠二の徒然日記』(4480)

掲載日:2015.04.09



昨日の都内、寒い一日だった。



4月なのに雪も舞った。



今日は朝のうちは雲が多いが、

徐々に晴れ間が広がるだろう。



予想最高気温は13度と、

昨日よりも10度近くも高い。







1)パラオ

天皇皇后両陛下がパラオを訪問されている。



陛下の強い思いがあっての決断だという。



凄いことだ。



陛下の大きな決断をから、

私たちは多くのことを学ばねばならない。



====



この件に関し、

今朝の毎日、東京、産経の各紙は、一面トップだ。



朝日と読売のトップは、日米防衛指針で、

陛下のパラオ訪問は一面2番目の記事だ。



日経は、一面ではなく社会面への掲載。



この違いに何があるのかは分からないが、

読売が一面トップにしていないことが、

私にとっては若干の違和感だ。



====



ところで読売新聞が、今日で5万号だという。



創刊は、1974年(明治7年)11月2日。



現存する日本の新聞で、最も長い歴史を誇るという。



私の日記は今日で、4,480号だ。



読売新聞と比べるべくもないが、

地道に歩み続けたいと思う。







2)NHK

昨日、総務部門会議でNHK幹部から、

ガバナンス調査委員会報告書と、

クローズアップ現代の

いわゆるヤラセ問題について話を聞いている。



====



ガバナンス調査報告は、

一人の弁護士と随意契約によって実施された。



結局、この間のヒアリングでも、

この契約に関する問題点は払拭されていない。



要した経費:約56,000千円



契約方式:

一時間当たりの弁護士報酬による単価契約



問題点:





随意契約判断の根拠となる資料が存在しない





契約単価の適正さを判断する資料が存在しない





弁護士などの稼働時間を検証する資料が存在しない





契約締結に至るNHK内部の意思決定過程が不明



====



弁護士と恣意的に契約を締結し、

根拠の明確ではない単価によって、

契約相手方の申し出だけに従って

報酬を支払った可能性を否定できない内容だ。



経過を説明する資料が存在しない以上、

現時点では不適切な契約と言わざるを得ない。



====



この間、幹部の皆さんから話を聞いているが、

この契約の何が問題なのかを

認識していない印象を受け、

この点が最も問題だと感ずる。



受信料によって、

NHKの仕事が行われている認識が希薄すぎる。



====



同様の問題が、

籾井会長の業務ハイヤーの

私的利用案件にも存在している。





籾井会長が当初から

「ハイヤー代を自分で支払う」と言ったという

具体的を裏付ける事実がない





秘書室には2月上旬に

ハイヤー代の金額は伝わっていたが、

その金額が3月6日まで気づかなかった理由が不明





監査委員会は、

秘書室で今回のハイヤー手配に関わった職員全員から

事情聴取しておらず調査は不十分



====



籾井会長のハイヤー問題は、結局のところ、

NHKも監査委員も肝心なところを何も説明しておらず、

適切な利用と言うことはできない。



====



いったいNHKはどうなっているのか。



資質を欠いた一人のトップの存在で、

こんなにも組織はガタガタになる。







今日も、しっかりと前進します。

============

       2015・4・9

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




One Response to 4月9日 その2836 『逢坂誠二の徒然日記』(4480)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください