4月22日 その2849 『逢坂誠二の徒然日記』(4493)

掲載日:2015.04.22



朝から晩まで、国会活動に没頭する日々が続く。



昨日も寝ているときと食事以外は、

全ての時間が国会活動に充てられた。



こんな生活ができるのも、

地元で私を支えて下さる皆さんがいるからだ。



本当に有り難いことだ。



====



夜明け前の東京の気温は13度程度。



今日は、晴れたり曇ったりとの予報が出ている。



予想最高気温は19度とのことだ。







1)新議長

昨日の衆院本会議で、大島理森新議長が選出された。



大島議長は、青森選出のベテラン議員。



会合などでご一緒すると

なかなか含蓄のある挨拶をされる方だが、

その一方で、強面で傍若無人との評価もあるようだ。



直前は予算委員長を務めておられたが、

委員会回しは、結構大胆な雰囲気だった。



衆院本会議の運営も、

従前とは違ったものになるかもしれない。



====



前任の町村議長は体調不良とのこと。



議長就任時から元気がなく、

いろいろと心配の声があった。



衆院解散を伴わない任期途中の議長辞任は、

1989年の原健三郎氏以来。



町村議長の在任期間は

現行憲法下で3番目に短い119日だ。



厳しい中で議長職を務められたことに敬意を表する。







2)言葉狩り

社民党の福島瑞穂議員が参院予算委員会で、

政府与党が国会提出を予定している安全保障法制のことを

戦争法案と指摘した。



このことに対して、自民党から発言の訂正要求が出ている。



信じられないことだ。



議事録の削除や修正は、

国会の権威や人権を傷つけた場合など多い。



明らかな事実誤認ではない限り

議員の発言は尊重されるべきものだ。



価値観、考え方の違いがあれば、

議論のやり取りの中で対応するのが当然のことだ。



政府与党にとって不都合な指摘をされたからと言って、

削除修正を要求したりするのは権力の乱用だ。



こんなことを許してしまえば、

何か発言したことによって、

審議中止などという恐ろしいことにもなり兼ねない。



====



1999年の周辺事態法案の審議で、

周辺事態法案を戦争法案法案と批判した議員がいた。



これに対し当時の小渕首相は、



「御党から言えば、戦争法案と言うことであると思うが」と答弁をした。



これが当然の対応だろう。



今回、戦争法案という言葉の修正を認めると、

今後、国会でこの言葉を使えないという異常事態になる。



自分たちの価値観に合わないことを理由にした

言葉狩りは絶対に認めてはならない。







東京の夜明けは午前5時。



日記を書き終えて、外も明るくなってきた。



今日も朝から会合の連続だ。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・4・22

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください