4月28日 その2855 『逢坂誠二の徒然日記』(4499)

掲載日:2015.04.28



統一地方選挙が終了し、

昨日は市内の挨拶回りに歩いた。



市外にも足を延ばしたかったが、

時間の都合で市内のみとせざるを得なかった。



その後、夕刻から開催される、

安保調査会に間に合うように上京した。



空港に到着してみれば、

都内は気温が高く初夏の様相。



今朝は晴時々曇の予報、

どうも夏日になるようだ。



季節の移ろいは早い。







1)主権者不在

日米両政府が、

日米防衛協力の指針(ガイドライン)の改定で合意したという。



27日午前(日本時間27日深夜)、

ニューヨークで開催された

日米の安全保障協議委員会

(いわゆる2プラス2)での合意だ。



====



国会でも議論していない内容を

国民に指し示す前に米国と合意するとは、

とんでもない話だ。



主権者不在のまま、

こんなことを進めるのは、信じがたい暴挙だ。



====



従来の指針は、

主に朝鮮半島有事を想定し、



(1)平時(2)日本周辺有事(3)日本有事



の3分野での協力を規定。



====



今回は、



(1)武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」を含む平時



(2)日本の平和と安全に重要な影響を与える事態(重要影響事態)



(3)日本に対する武力攻撃への対処(武力攻撃事態)



(4)日本以外の国に対する武力攻撃に集団的自衛権を行使して対処(存立危機
事態)



(5)日本での大規模災害への対処



以上の5分野へと大幅に協力範囲を拡大。



自衛隊が地球規模で活動できることになる。



====



これは、今後、政府が安保法制として

国会に提出する内容だ。



米国政府と内容を決めてから、

国会で審議するのは順番が完全に逆だ。



特に集団的自衛権に関しては、





米国を標的にした弾道ミサイルの迎撃





ミサイル発射警戒に当たる米艦船や、

退避する日本人を輸送する米艦船が攻撃された場合に

自衛隊が防護する装備品等防護





南シナ海や中東・ホルムズ海峡などを想定した

シーレーン確保の機雷掃海





不審な船舶を強制的に停船させて積み荷を検査する臨検



などが盛り込まれ、

まさに今後の大きな論点ばかりなのだ。



====



国家安全保障会議の設置、

特定秘密保護法の強行制定、

武器輸出の開始、

集団的自衛権行使容認閣議決定、

そして日米ガイドラインの改定など、

安倍政権の暴走は加速している。



国民に説明しないでこうしたことを決定しても、

その後の選挙で勝っているのだから、

問題はないと安倍総理は感じているのかもしれないが、

こんなことをすれば、日本の民主主義は死んでしまう。



朝から歯ぎしりの連続だが、

今日の午後には、このガイドラインなどに関し、

政府からのヒアリングを実施する予定だ。







今日も密度濃く予定が組まれている。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・4・28

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください