5月1日 その2858 『逢坂誠二の徒然日記』(4502)

掲載日:2015.05.01



今日から5月。



憲法週間の始まりだ。



今年の憲法週間は、

例年にも増して意味が大きい。



憲法とは何か、

改めて多くの皆さんと考えてみたい。



====



昨日は残念ながら疲労感があり、

朝の街宣をすることができなかった。



しかしその分、たまっている机上仕事を

多少はこなすことができた。



今日も少しゆっくりめの始動だ。







1)独善的・・・

一昨夜の安倍総理の米国議会での演説を

日本語の文章で読んだ。



あまりにも独善的で幼稚…、

恥ずかしさと怒りがこみ上げる内容だった。



英語ではなく日本語でスピーチしてもらったら、

その雰囲気はより的確に

日本の皆様に伝わったと思う。



====



あそこまで米国にへつらう必要があるのだろうか。



相手に気に入られようとして

いやしく媚びを売っているように思えてならない。



独立した一国の総理として、

もっと毅然とした態度が必要だと思うが、

そんな誇りも矜持も感じられない。



====



そして日米関係の強化こそが、

唯一の道であるかのような発言だが、

これもあまりにも盲目的で幼稚だ。



日米関係は大切なものであり、

それを重視する必要は論を待たない。



しかし今、考えるべきことは、

溝が深まりつつある他国との関係であり、

経済的、軍事的な囲い込みが進む現状をどうするかだ。



日米関係を大切にしつつも、

こうしたことについても配慮する姿勢が必要だ。



====



米国との軍事的関係の強化、

TPPへの積極姿勢、

いずれも国内では議論が未成熟なものだ。



それを対外的にあそこまで明確に約束するのは、

完全な国民無視の発言だ。



多面性を失った盲目的、

妄信的な信じ込みが激しいリーダーのもとで、

日本の将来は完全に危うい局面に突入したと言える。



安倍総理には、もっと冷静になってもらいたいものだが、

今の状態を見ると、それは叶わぬ願いのようだ。



この嵐のような状況をなんとか凌ぎつつ、

日本のあるべき姿を再構築しなければならない。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・5・1

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください