5月5日 その2862 『逢坂誠二の徒然日記』(4506)

掲載日:2015.05.05



今日は、子供の日。



久々にニセコに来た。



父母の菩提寺を参ったり、

落としていた水道を開栓したりなど

本来もっと早く対応すべきことに、

今日は時間を費やす。



今日一日のみだが、

少しだけゆっくりした時間を

過ごすことができればと思う。





1)箱根

ツィートを見ていると、

箱根で地震が多くなっており、

来訪者からの心配の声が多い。



報道では、気象庁は箱根山について、

「地熱の上昇などはなく、直ちに噴火にはつながらない」

との見解を示している。



箱根山の大涌谷の温泉施設から、

高温の蒸気が勢いよく吹き出ている。



気象庁が4日に行った現地調では、

周辺の地表面の温度は50度から60度で、

大涌谷の他の場所と変わらないとのこと。



気象庁は、地熱の上昇がなく、

火山性地震の規模も小さいため、

直ちに水蒸気噴火につながることはないとして、

現状の噴火警戒レベル1の引き上げは見送っている。



ただし不安な状況には変わりはない。



突発的に高温の水蒸気が噴き出す恐れもあるようだ。



====



全国の火山の動きが活発化している印象だ。



ニセコ周辺は有珠山、函館は駒ヶ岳など、

周囲には定期的に火山活動が活発化する山がある。



箱根の状態を見ながら、地元も何かと心配だ。







2)漏れ

以下は、毎日新聞の今朝の記事からの引用だ。



==引用開始==



東京電力福島第1原発で、汚染水を処理した際に発生する放射性廃棄物を入れた
専用容器について、点検したうち1割超の容器から放射性物質を含む廃液が漏れ
ていたことが分かった。漏れを防ぐ見通しは立っておらず、放射性廃棄物の管理
の難しさを改めて示す結果だ。



漏れが見つかった容器には、汚染水から放射性物質を取り除く多核種除去設備
「ALPS」(アルプス)の処理後に出る汚泥や廃液を入れる。直径約1.5
メートル、高さ約1.9メートルの円筒形で、容量は約3トン。東電が、第1原
発構内の容器1354基のうち105基を抜き取り調査したところ、15基(約
14%)で漏れやにじみが見つかった。



==引用終了==



時間の経過とともに

今後ますます汚染水の管理が難しくなる。



福島第一原発の現状は、

あらゆる面で大変厳しい状況に向かっている。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・5・5

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください