5月9日 その2866 『逢坂誠二の徒然日記』(4510)

掲載日:2015.05.09



昨夕帰函し、幾つかの会合に出席した。



その後、23時30分から

電話でラジオ番組に出席した。



そのため就寝時刻が遅くなり、

今朝は完全な睡眠不足だ。







1)ラジオ

昨夜、出演した番組は、

TBSラジオ「荻上チキ Session22」だ。



今回のテーマは、何と「公文書管理」だ。



普段は、民放ラジオでは

ほとんど扱われることのないテーマだろう。



この放送の模様は、

ポッドキャストで聴取可能だ。



是非、多くの皆さんにお聞きいただきたい。



ポッドキャストは以下で。



http://www.tbsradio.jp/ss954/



====



今回は久々のラジオ出演だった。



私は、ラジオが好きだ。



今もラジオをよく聞くし、

テレビよりもラジオ出演が好きだ。



今回の出演で、

音声発信への思いが疼きだしている。







2)公文書

昨夜のTBSラジオは、良く公文書を扱ってくれたと思う。



公文書などという分野に関わる政治家は、あまり多くはない。



この分野は地味で、票には繋がり難いのがその理由かもしれない。



====



しかし公文書は、健全な民主主義を支えるための

国民共有の知的資源だ。



国のありかたを過去から現在へつなぐ貴重な財産であると同時に、

主権者である国民の皆さんが今を知り、将来を考えるために必須なものであり、

国民一人ひとりが公文書を自由に利活用できるようにすることは、

国にとって極めて重要な責務だ。



しかし日本における公文書の位置付けは、

必ずしも高くない。



公文書管理法の施行は、

2011年4月と、たった4年前のことだ。



公文書の利活用を支える公文書館の開設も

1971年と諸外国に比べると新しいものだ。



諸外国の公文書館の設置は以下。



フランス1790年、イギリス1838年、

カナダ1872年、アメリカ1932年、ドイツ1952年。



日本の公文書館の職員数は47人、書架延長は59kmで、

実は規模の面でも最低クラス。



諸外国の職員数と書架延長は以下。



アメリカ(2,720人、1,400km)、ドイツ(790人、380km)、

フランス(570人、380km)、カナダ(850人、241km)。



====



日本の公文書館は、施設、機能いずれの面でも

諸外国に比較して著しく見劣りし、

国民にも利用しにくい現状だ。



国民が利用しやすい場所に、

新たな公文書館を早急に建設することを目指して、



平成26年2月に



「世界に誇る国民本位の

新たな国立公文書館の建設を実現する議員連盟」



が設立された。



この議連が、総理、衆参議長などに新公文書館の建設を要請し、

来年度にも建設に向けての具体の作業開始を目指している。



====



日本の公文書、および公文書館には、課題も多い。





重要な歴史公文書への力点が高い一方、

現用文書などにへの関心が低いこと





行政などの諸活動をどう記録するかについて

関心が低いため公文書の質に課題が多いこと





現用文書の管理に不安があると同時に、

公文書館に引き継がれる文書が少ないこと



====



公文書は、民主主義を支える重要な財産であるが、

日本の公文書を取り巻く現状は極めて脆弱なものだ。



日本の民主主義の質をさらに高めるためにも、

公文書に関する様々なことに、

今まで以上に力を力を注いで参りたい。







今日は民主党北海道の

常任幹事会に出席のため、

札幌に向かうが、夜には帰函の予定だ。



さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・5・9

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




2 Responses to 5月9日 その2866 『逢坂誠二の徒然日記』(4510)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください