5月12日 その2869 『逢坂誠二の徒然日記』(4513)

掲載日:2015.05.12



昨夜、遅い時間に都内入りした。



夜明け前の都内、

多少雲が雲が広がっているが、

それほど天気は悪くない。



気温は既に17度程度。



日中は24度程度になるという。



しかし午後から雲が広がって、夜には雨になるようだ。



====



昨日も密度の濃い一日だった。



朝の街宣、朝市回り、

JR北海道からのヒアリング、

函館護国神社の例大祭、青函トンネルの視察、

挨拶回りなどを経ての上京だ。



相当な寝不足だが、今日も本会議を含め、

朝から夜まで隙間なく会議などが詰まっている。







1)安保法制

安保法制が、昨日、与党間で合意された。



戦後日本の平和主義の大転換となる法制だ。



憲法も変えずに政府と与党だけの手によって、

こんな大事を決めてしまう…、

戦後最大の政策転換であることを国民は認識しているだろうか。



この法制を合意した政府や与党の皆さんは、

立憲主義に反するおそれの強い、

とんでもないことを独断的に決めていることを

どれほど認識しているのだろうか。



====



今回のことを国民の皆様は、

言葉や音としては承知しているかもしれない。



しかしこのことの本当の意味を

理解しているとは到底思われない。



国会議員だってそうだ。



今回の決定がどれほどのことなのか。



そのことによって、

国民の皆様が想定もしていないことが起こるのだと思う。



そしてそれが発生したときは、

もう後戻りはできないところに我が国は入り込む。



何ともやるせない。



====



今回、自民、公明の両党が、合意したのは、

新しい安全保障法制を構成する11法案だ。



戦争中の他国軍を後方支援するため、

いつでも自衛隊を海外に派遣できる「恒久法」と、

計10本の現行法を改める改正一括法案からなる。



法案は14日に閣議決定の見通し。



====



恒久法「国際平和支援法案」は、

名前と中身は随分と違うものだ。



国際戦争支援法案とも呼ぶべきものだろう。



この法案は、自衛隊の派遣の「歯止め」として、

国会の事前承認を例外なく義務づけているが、

首相が承認を求めてから衆参両院で各7日以内、

計14日以内に議決する努力規定も盛り込まれた。



とにかく急いで議決せよということだろう。



「周辺事態法」は改正で

「重要影響事態法案」となる。



「日本周辺」という地理的な制約をなくし、

世界中に自衛隊を派遣できる。



米軍に限られていた支援対象は

米以外の国の軍隊にも広げる。



====



これまでは日本が武力行使を受けなければ、 

自衛隊が先んじて行動を起こすことはなかった。



しかし今回は、

「存立危機事態」という新しい考え方を設け、

他国が武力攻撃され、

「日本の存立が脅かされる明白な危険がある」事態を想定。



「他に適当な手段がない場合」に、

日本が直接、武力攻撃を受けていなくても武力行使できるようにする。



上記の要件に該当すれば地理的制約なしに、

世界中どこででも武力行使が可能なのだ。



====



これは戦後日本の平和主義の大転換だ。



専守防衛という基本のもと、抑制された防衛力によって、

万が一、攻撃されるような事態に対処するのが、

日本の自衛隊だった。



今後は、我が国が攻撃されていなくても、

ある一定の要件に該当すれば、

日本の自衛隊は世界中のどこの場所であっても

他国軍と一緒に武力行使に加担できることになる。



====



憲法の条文をただの一言も変えずに、

これほどの大転換を行うという。



今後、もし憲法9条を変えるとするならば、

一体何をするために条文を変えるというのだろうか。



現行条文で、これほどのことができるなら、

もう憲法9条を変更する必要などはないではないのか。



====



逆だろう。



これほどの大転換は、

憲法を変えなければできないものなのだ。



昨年7月1日の集団的自衛権行使容認の閣議決定そのものが、

現行憲法下では大間違いということだ。



本来は、主権者である国民の皆様の投票による

憲法改正がなければ実行できないことを

安倍内閣は内閣の手によって行おうとしている。



日本の立憲主義、国民主権が、

安倍晋三という独裁的な存在によって、

突き崩されようとしている。



====



安倍総理の描く国家像を

もう一度、問い直さねばならない。



強く世界で活動する自衛隊。



そして強いものに有利な経済対策。



先細る支え合い。



これが安倍総理が描く国家の姿ではないのか。



====



専守防衛による我が国の防衛。



多くの人々の幸福のための経済。



多様性を認め合うしなやかな共生社会。



こうした私が目指す社会像とは全く逆のものだ。



====



安倍総理の独裁的な実現手法も、

目指す国家像も、

絶対に容認できないものだ。







さあ、今日もしっかりと前進します。

============

      2015・5・12

============


マグマグの送信登録・解除はこちらです。

http://www.ohsaka.jp/magazin/




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください